抱負の本当の意味と、多くの人が今年の抱負を達成できないワケ。

Pocket


あけましておめでとうございます、つかさです。

今年もどうぞ、よろしくお願いします。

という簡単な挨拶だけ済まして、今日のお話に入っていきたいと思います。

新年になると、必ず、誰しも、漏れなくみんなが考えるのが、
今年の抱負ですよね。

「今年は行動の年にしていきたいです」
「今年こそは恋人を作る!」
「もっと時間を有効活用した1年にします」

みたいな抱負をみんなは語ります。

でも、それって本当に達成できるんでしょうか?

今回は抱負の本当の意味と、
あなたが本当にそれを達成する為に必要なことについて
お話ししていきます。

抱負の本当の意味とは?

今年の抱負、今年の抱負とみんなが口にしますが、
そもそも抱負ってどんな意味なんでしょう?

僕はこれについて疑問を持ち、辞書を引いてみました。

【抱負】心中に持っている計画・志望。
国語辞典[第十版](2013年発行重版、株式会社旺文社発行)より引用

ふむ、計画や志望…。

志望って聞いた感じだと願い事のような意味に聞こえますよね。これも辞書を引くと、

【志望】自分が将来こうしたい、こうなりたいと望むこと。また、その望み。
(引用元同上)

という感じ。

では、計画って何でしょう?

【計画】物事を達成する為に、前もってその手段・方法を筋道を立てて考え出すこと。
また、その内容。
(引用元同上)

言い換えると目標達成のために手段をロジカルに、論理的に考えること。

この計画の意味をよく考えてみれば、
今までの抱負の考えを改めることができるのではないでしょうか。

辞書を引いた上で抱負の意味をもう一度考えてみると、
抱負とは単なる願い事のような漠然としたものではなく、

「抱いた願い・目標を実現する為に必要な、
実現可能な手段・方法とプロセスの集合体」

だと言うことができないでしょうか。

英語だともっと分かりやすい

この過程をもっとしっかりさせるために、
次に英語における「抱負」を考えてみましょう。

英語では新年の抱負を”New year’s resolution”と言います。

シェアハウスで外人さんに
“What’s your new year’s resolution?”
と聞かれた時は意味を知らなかったのですぐには分かりませんでした。

でも後から調べるとresolutionというのは、
<strong>決意, 決心, 決断, 誓い(Apple Mac Dictionaryより引用)</strong>
という意味を持っていたんですね。

日本語の抱負と似たような意味を持っているわけです。

ここで重要となるのは、どんな決意、決心なのかということです。

resolutionの語源を引いてみましょう、
本来の意味を知ることで本当のresolutionの意味が明らかになるはずです。

late 14c., “a breaking into parts,” from Old French resolution (14c.)
Online Etymology Dictionary – “resolution(n)“より引用

「14世紀後半において、『部品・パーツに分解すること』」という意味であると書かれています。

つまり、New year’s resolutionというのはさっき僕が日本語で言ったような、
具体的な行動に落とし込んでいくこととほぼ同じ意味だと考えられます。

英語からも日本語からも、
やはり抱負とはさっき僕が言った
「目標を達成するための方法とプロセスの集合体」であると
定義することができるでしょう。

みんなの抱負

ここで、みんなが口にする「今年の抱負」なるものを見てみましょう。

「みんなの今年の抱負」
一年の抱負ランキング【全体】
5位:自分に厳しくなる
4位:自分磨きをがんばる
3位:人間関係を良くする
2位:変わる
1位:時間を大切にする
キャリアパーク – 「今年の抱負は?一年の抱負ランキング【男女・総合別】」より引用

先ほどの僕の定義を踏まえてこれらの抱負を見ると、
どれも漠然としていてなんとも言えないですよね?

これが僕がずっと感じていた違和感の正体でした。

みんなが言っている「抱負」というのは
ただの「こうなったらいいな」という希望、願い事でしかなかったということです。

こんな曖昧な抱負を抱いたところで、
それが達成できるわけはありません。

それは僕がこのブログの他の記事で語っている通りです。

本当に抱負を達成するには

もっともっと、もっと具体的な行動に落とし込む必要があります。

そこに関してはちょうど、「夢を具体的な行動に落とし込む方法」
について書いた記事があるので読んでもらえればと思います。

ブログ記事「あなたが夢を実現するためには道のりを細分化し、行動すればいい。」はこちらをクリック

この記事を踏まえて今一度抱負をしっかりと考えてもらえれば、
あなたの今年の抱負は実際に、現実のものにすることができますよ。

まとめ

今回のお話は以上です。

  • 抱負とは「目標を達成するための方法とプロセスの集合体」である
  • ほとんどの人が今年の抱負を達成できないのは、
    抱負を具体的な方法に落とし込むことができていないから
  • 具体的な行動を起こせるまでに抱負を明確にすれば
    その抱負を実現することができる

これらのことについてお話しさせていただきました。

2017年、良い年にしていきましょう。

ありがとうございました。

この記事を書いた人:つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの詳しいプロフィールはこちら

つかさが配信している無料メールマガジンとは?