宇崎恵吾さんThe Million Writingに続くバックエンド商品の正体は?

Pocket


こんにちは、つかさです。

今回は僕が以前レビューした、
宇崎恵吾さんのミリオンライティングについて、
その後ろに待ち構えている「バックエンド商品」についての
お話をしたいと思います。

ミリオンライティングは単なるフロントエンド商品でしかない。

まずフロントエンドとバックエンドという二つの言葉について
補足させてください。

「フロントエンド商品」と「バックエンド商品」とは?

フロントエンド商品とは、「集客商品」で、バックエンド商品は「本命商品」です。

買ってもらいやすい、集客商品を一度買ってもらい、価値を感じてもらった後に、利幅の大きい本命商品を紹介し買ってもらう、というマーケティング手法です。
有名な例としては、居酒屋のランチがフロントエンド商品で、夜の飲み会はバックエンド商品、という関係です。

フロントエンド商品とは客引きのために安価で提供し、
ユーザーに満足感を感じてもらうもの。

そしてバックエンド商品とはその後で販売したい
利益の出る商品ということですね。

あなたがすでにミリオンライティングを購入されているのであれば、
おそらくこんな疑問を持ったのではないでしょうか。

「なんで4000円で、しかも無条件返金保障付きで
こんなすごい教材売れるの?」

と。

実際、僕も驚きました。

ほとんどの情報商材の代金が数万円する中で、
4桁円の価格でここまでのクオリティの教材は
今まで手にしたことがなかったからです。

木坂さんのネットビジネス大百科ですら1万円しますし、
このミリオンライティングは本音をいうと、
大百科のコピーライティング音声を上回っています。

ただ僕の場合、今説明したフロントエンド商品とバックエンド商品という
考え方を知っていたので、こう考えたんです。

「こんなに安いということは、
かなり大きなバックエンド商品があるはずだ」

と。

ミリオンライティングの利益はスズメの涙ほどの利益しか出ない。

これは少し計算すると分かるのですが、
ミリオンライティングがいくら売れたところで
宇崎さんが手にする利益はほんの少しにしかなりません。

まず販売代金自体が3980円で、
次にアフィリエイト報酬が50%、1990円です。

簡単に考えるために他の経費は考えないことにしても、
一つ売れても販売車が手に入れる利益は2000円程度にしかなりません。

1000本売れれば200万円、
1万本売れれば確かに2000万円の利益にはなりますが、
宇崎さんの師匠の年収「5億円」を考えると
ほんのその程度でしかないのです。

第一の目的は「リスト収集」

それでは、このミリオンライティングの真の目的は一体どこにあるのか。

フロントエンド商品を販売した後にバックエンド商品を販売し、
さらなる利益を手に入れるために
宇崎さんがしていることは何なんでしょう。

まず一つに宇崎さんは、
ミリオンライティングを通して「リスト収集」を行なっています。

リスト収集とはすなわちブログメルマガアフィリエイトにおける、
メールマガジンの読者のことです。

ミリオンライティングをダウンロードするとき、
一緒にメルマガ登録をしましたよね。

あのメルマガ登録の作業、あれがリスト収集なんです。

リスト収集をすると一体何がいいのか?

以前の記事で説明したように、
メルマガの読者は一度登録して貰えば
継続的に関係を維持することができ、
解除されない限りは永久的にメルマガを送ることができます。

そしてそのメルマガ上で他の情報商材を販売すれば、
1通のメールを送るだけで数百万円単位、
ともすると一千万円単位での利益が発生することもあります。

このメールマガジンを利用した継続的な販売手法を
宇崎さんは実現していて、
このメルマガで売り込む商品の全てを
バックエンド商品だということができるでしょう。

また後ほどお話しますが、
宇崎さんはミリオンライティングのまさにバックエンド商品として
「Copywriting Affiliate Program」という
ブログメルマガアフィリエイト教材を販売しています。

教材を販売するというのはその分野に関して
かなりの知識と経験があるということに他なりません。

すなわち宇崎さんはブログメルマガアフィリエイトを
熟知していると言っても過言ではないのです。

ブログメルマガアフィリエイト教材の販売

先にお話してしまったのですが、
宇崎さんは他のバックエンド商品として
Copyriting Affiliate Programという
ブログメルマガアフィリエイト教材を自ら開発しています。

今回の記事の趣旨からは外れてしまうので詳細な説明はしませんが、

  • ブログメルマガアフィリエイトに関しての発展的ノウハウ
  • ミリオンライティングの無料ダウンロード権
  • 宇崎さんの無制限スカイプ・メールコンサルティング
  • 宇崎さんの師匠5億円コピーライターの直接添削

といったものを手に入れることができる教材です。

参考:Copyriting Affiliate Programのセールスレター

この教材の代金はやや高め。

一括だと98,000円、月額継続プランだと9800円という価格です。

これを最初に買おうと思うと、やはり抵抗がありますが、
フロントエンド商品で満足感を感じてもらうことにより、
購入へのハードルを下げることができるのです。

最初にもお話しましたが、
ミリオンライティングのクオリティは価格に対して
異常なまでに高いです。

それは宇崎さん本人の力だけでなく
5億円コピーライターの手助けもあるのでしょうが、
いずれにしても教材の質は群を抜いています。

そしてミリオンライティングを購入した人はこのように考えます。

「こんな教材を作った人の商品なら高くても購入する価値がある」

「もっと彼の知識を学んで結果を出したい」

と。

フロントエンド商品として高品質で低価格なものを提供したことで、
少々高額なバックエンド商品の購入を促すことができる、
というわけです。

ここまでくると利益の額が
かなり大きくなってくることもお分りいただけるでしょう。

販売代金は98,000円、アフィリエイト報酬は9800円ですから、
単純計算の差し引きで9万円弱という金額が
宇崎さんの元に入っていくというわけです。

100人が参加すれば900万円、
1000人が参加すれば9000万円。

ミリオンライティングに比べると、
桁がほとんど一つ分大きくなっていることがお分りいただけると思います。

ミリオンライティングで満足感を与えた後に販売する
ブログメルマガアフィリエイト教材、
これが二つ目のメインとなるバックエンド商品です。

通常では考えられないバックエンド商品とは?

しかしながら、
実は彼のバックエンド商品はこれで終わりではないのです。

一般的には今お話したような、
メルマガのリスト収集をした上での販促メールと
販売者本人が作成したバックエンド商品の
二つが一般的であり、想像できる範囲のものでしょう。

ですが、宇崎さんにはこの二つ以上に
規模の大きいバックエンド商品を持っているのです。それが、

彼が作成したレターの商材をアフィリエイトしてもらう、
というものです。

(もしこれだけを聞いて理解できるとすれば、
あなたはすでにかなりアフィリエイトに詳しいか、
ミリオンライティングや宇崎さんのレターを
相当読み込んでいるのではないでしょうか。)

それではこれがどういうものなのか、
詳しく説明していきましょう。

まず宇崎さんは先ほど説明したようなメルマガ、
そしてブログメルマガアフィリエイト教材に
専念している訳ではありません。

そもそもとして彼の本職はアフィリエイターではなく、
コピーライターだからです。

彼宇崎さんはアフィリエイトとしてではなく、
情報商材のセールスレターの本文を書いていて、
その書いたレターを通して売り上げた利益のうちの
数十パーセントを販売者から受け取る、
というような仕事をしています。

仮に代金が2万円の情報教材のセールスレターを作成したとして、
宇崎さんが書いたレターによってその商材が
累計1000本売れたとしましょう。

そしてそこから彼が受け取るセールスレター制作報酬が
売り上げの50%だとすると、

2万 × 1000本 × 50% = 1000万円

という報酬が発生します。

もちろん数字は仮定でしかありませんが、
宇崎さんはこのような方法によって
アフィリエイト以外でも文章によって、
コピーライティングスキルを駆使して収入を得ているのです。

ここまで説明すると、
やっと本題に戻ることができます。

彼が持っている第3のバックエンド商品、
それはこの宇崎さんが書き上げたセールスレターの商品です。

おそらくですが、
文章を書いて利益を出したいアフィリエイターが
彼のミリオンライティングを購入した人の中で
多くを占めていると思います。

彼らはミリオンライティングを購入し、学習し、
学びとったコピーライティングスキルを使って
知らず知らずのうちに宇崎さんがセールスレターを書いた
情報商材をアフィリエイトしているのです。

そして、そのまま商品が売れればその利益のうち
数割が宇崎さんの元に入る、という仕組みです。

またCopyriting Affiliate Programでも
アフィリエイトの直接サポートを行なっています。

ミリオンライティングに飽き足らず
さらなるスキルを求めて参加した人はより高いスキルを獲得し、
そして最終的に宇崎さんの書いたレターの教材を
アフィリエイトすることになるのです。

これは一般的なバックエンド商品、
フロントエンド商品を購入した人が直接購入するような
バックエンド商品ではありません。

しかし宇崎さんの元に利益が入る商品と考えると
立派なバックエンド商品であるということができるでしょう。

まとめ

  • ミリオンライティング購入者だけのリストを集めた
    メルマガへのバックエンド商品の販促
  • 宇崎さん作のブログメルマガアフィリエイト教材の販売
  • 購入者のコピーライティングスキル及び
    アフィリエイトスキルを利用した、
    宇崎さん作のセールスレターの教材の販売促進

以上が僕が考えうる、
ミリオンライティングをフロントエンド商品とした
バックエンド商品の正体です。-

このような利益を生み出す仕組み、
ビジネスモデルを聞いてあなたはどう思うでしょうか。

「人を利用してそんなにたくさんのお金を稼ぐなんて、
なんてずる賢いやつなんだ!」

ともしかしたら思われるかもしれません。

でも、彼は自分が稼いでいるのと同じくらい、
あなたや僕にコピーライティングを通して、
利益を手に入れる機会を与えてくれていると
言うこともできるのではないでしょうか。

登録したメルマガ経由で送られる販促メールを通して
宇崎さんのメルマガの読者が商品を購入するのは
彼のメルマガの質が高く、満足感を感じているからでしょう。

毎月1万円という比較的高額なブログメルマガアフィリエイト教材を
購入する人が後を絶たないのも、
ミリオンライティングのクオリティが高いからこそでしょう。

彼がバックエンド商品によって利益を出しているのは、
他の人に価値を与えているからに他ならないのです。

この記事を書いた人:つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの詳しいプロフィールはこちら

つかさが配信している無料メールマガジンとは?