ブログ記事のタイトルで記号を使うときは全角ではなく半角を使おう

Pocket


こんにちは、つかさです。

今回はブログ記事のタイトルに置ける記号の
使い方についてお話します。

とはいえ結論としてはタイトルに書いているように、
全角の記号ではなく半角の記号を使いましょう、
ということが全てです。

そもそもタイトルで記号を使うケースは?

タイトルとは記事の内容を分かりやすく、
一文で説明するものだと言っていいでしょう。

そのために、
必要であれば記号を使いながら情報の補足をすることもあります。

例えば僕の以下の記事。

参考:The Million Writing(ミリオンライティング)【宇崎恵吾】特典付き商材レビュー

この記事ではタイトルにレビューする情報商材の元々の名前である
英語名の「The Million Writing」の後ろに、
日本語読みした場合の「ミリオンライティング」に括弧を付けた
両方の商材名を表示しています。

これは単純にSEO的に考えて、
英語名で検索される場合とカタカナ名で検索する場合の二つが
考えられると思ったために2つつけた、ということです。

このようにSEO的に考えて、
タイトルに括弧のような記号を使う場合があります。

それではなぜ僕はこのような記号を
全角ではなく半角にしましょうと言っているのか。それは、

単純に、文字数が半分になるからです。

全角の記号は文字数的に無駄でしかない。

検索エンジンにおけるタイトル文字数カウントツールを
使ってもらえると分かるのですが、
googleなどの検索エンジンにおいては
半角英数字や記号は0.5文字、
全角文字は1文字としてカウントされます。

googleにおいては検索結果ページのそれぞれのページのタイトルは、
最大32文字までしか表示されません。

仮に33文字以上のタイトルを付けた場合、
33文字以降のタイトルは「…」という文字によって
省略されてしまい、タイトル本来の目的である
「ユーザーに記事の概要を理解してもらう」
という役割を果たすことができないのです。

  • 32文字以内で表現する
  • 可能な限りユーザーに記事の内容を的確に表現する
  • SEOとして検索エンジンに認識されやすいものにする

これがタイトルの主な役割であり、
いくらコンテンツSEOを重視しても
このタイトル付けが正しくできていなければコンテンツが読まれにくくなります。

参考:コンテンツSEOとは一体何なのか?その正体とターゲットって?

そしてここの役割において考えると、
少なくとも記号に関しては全角ではなく半角の文字を使った方が
良いということがお分りいただけると思います。

特に一番使う機会の多い括弧に関して考えると、
基本的に開き括弧と閉じ括弧という
二文字をセットにして使いますよね。

その時に全角の括弧を使った場合、
それだけで「二文字分」のスペースを使うことになりますが、
半角を使った場合には一文字ぶんのスペースで済ませることができます。

32文字しかタイトルに使うことができないのに、
そのうちの2文字分もスペースを取ってしまうのは
非常に無駄だと言わざるを得ません。

加えていうと、
括弧のような記号は人間にとって分かりやすいだけであって、
検索エンジンのようなコンピュータにとっては
意味をなさない文字なのです。

そうすると、
可能な限り記号が閉める文字数は減らした方がいいということ。

使う必要があるのならば、
全角ではなく半角を使った方がいい、
というのはこのような理由からなのです。

 

この記事を書いた人:つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの詳しいプロフィールはこちら

つかさが配信している無料メールマガジンとは?