The Million Writing(ミリオンライティング)【宇崎恵吾】特典付き商材レビュー

Pocket


あなたはあなたの時間を奪い続け、
利益を生み出すことのないゴミのような文章を一生書き続けますか?

それとも数日で書いた後、
あなたがもはや一切手をつけることなく、
半永久的にあなたの元へ利益をもたらしてくれる文章を書き上げたいですか?

そのために必要なのが、
今から紹介するThe Million Writingです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-21-12-05

はじめに

こんにちは、つかさです。

突然ですが、あなたはコピーライティングを知ってますか?

何か売りたいものがあった時にその商品のコピー(広告文)を書く技術、それがコピーライティングです。

つまりあなたが何か売りたいものがある、その時に必要になるスキルということです。

最近では動画や画像を使った広告が多くなってきていますが、それよりも圧倒的に長い歴史を持ち、圧倒的な割合を占めているのが文章による販売です。

そしてこの文章による販売活動は、少なくとも100年は消えることはないでしょう。

人間と他の動物が決定的に異なる部分、それは言語です。

動画や画像は動物の脳タリンな頭でも理解できる程度の情報量しか持っていません。

それらに先立つものは言語に他ならず、言語がなければ動画や画像はほとんど意味を持血はしません。

コピーライティングはあなたにとって必要なスキルだと思いますか?

「まあなんとなく必要かも」

「たぶんいらないんじゃない?」

「もっと大事なものあるでしょ、集客とかシステムの作り方とかさ」

そう思ってるかもしれないですね。

でも残念ですが、このコピーライティングのスキルを欠かしてビジネスをすることはできません。

さっき言ったことと同じく、どれだけ商品を買ってくれる可能性のある潜在顧客を集めても、文章で人を動かす力がなければ商品を買ってもらうことはできない。

アフィリエイトの世界では使い古された表現ですが、穴の空いたバケツに水を注ぐようなものなんです。

コピーライティングを学ぶべき理由

突然ですが、質問。

高いスキルを持った営業マンを大量に雇って彼らに仕事をさせれたら、いいと思いませんか?

そして彼らにあなたがさせたいだけ仕事をさせて、あなたが売りたいだけ商品を売らせたいと思いませんか?

そんな営業マンを、無料で雇えたらいいですよね。

この質問にイエスと答えるなら、あなたはコピーライティングを学ぶしかありません。

コピーライティングスキルを活かして書いた文章、これこそが今僕が聞いたあなた専属の営業マンになるからです。

彼らは勝手にお客さんに対して自分自身、つまり文章を提示し、勝手に商品を売ってくれます。

そのために必要なのは、あなたが1記事を数時間かけて書き上げることだけです。

どんなビジネスモデルでも同じことが言えますが、本当の意味であなたが働くことなく文章だけで食っていくために必要なもの。

それが今回僕が説明したいことです。

では、もう一つ質問。

これからあなたが一人で10万、100万、1000万と稼いでいくには何が必要だと思いますか?

確認問題です。

ここまでの話を理解してくれれば、答えは明らかですよね。

コピーライティングなんです。

必要なのは時間が経てば使えなくなってしまうような小手先のテクニックではなく、作業量がものをいう量産ビジネスモデルでもなく、一度書いたらあなたの手を離れ、あなたの元に利益だけを持ってきてくれる文章を書くスキルです。

そのために、The Million Writing。

こうしてやっと今回の記事の本題の紹介を始めることができるようになります。

でも、正直この教材をわざわざ数千字に渡って説明する必要はないって思ってます。

現時点で必要性を強く感じてもらえたなら、今すぐページの一番下にシャーっとスクロールしてポチッと商材の公式ページに行ってください。

僕が書いた文字数の数倍もの文章が、その先であなたが商材を購入するのを後押しするために待ってくれています。

もちろん、書いた人の手を離れて。

最後の方でお話ししますが、この商材の価格設定は正直信じられないレベルのものです。

そして、二つの信じられない特典と、僕がこの商材のために作った限定特典も一緒に。

The Million Writingとは?

The Million Writingはコピーライティングを学ぶことのできる教材です。

…ここまでのお話を読んでくれていれば説明する必要はもはや無いんですけどね。

  • コピーライティングとはどのようなものかという定義

  • 成約を取ることのできるコピーとは何か、そして取れないコピーにはどんな法則があるのか

  • コピーライターが理解すべき人間が持つ普遍的な心理状態

  • いかにしてお客様の関心を引き出し購入に至ってもらうか

などなど、コピーライティングに関わる内容がおよそ200ページにわたって濃縮されたマニュアルです。

にもかかわらず、このコピーを書いた、商材作成者である宇崎さんはレター全体の文章を2日で書き上げたそうです。

実際にページを見ていただくとわかるんですが、「これを2日で!?」ってレベルのクオリティと長さです。

文字数カウントしたらテキストベースだけで5万文字を超えていました…(汗

それができるということは彼、宇崎さんに非常に高いレベルのコピーライティングのスキルが備わっているということに他ならないでしょう。

宇崎さんの活動で有名なのは「コピーライティング至上主義者の会」というブログですよね。

タイトルからもわかるように、とにかくコピーライティングそのものに関する記事を書き続けています。

なるほど、驚くべきレターが書ける理由が少しだけ理解できる気がしますね。

宇崎さんの師匠って誰?

The Million Writingのレターを読むと、「彼」という言葉を見かけます。

「彼」というのはThe Million Writingの作者宇崎さんの師匠のことです。

そして、その「彼」の実績も書かれています。

1年で5億円の利益を稼いだ、と。

これは1億円ブロガーの川島さんの記事からの引用です。

「世界を旅する年収1億円ブロガー」川島和正オフィシャルブログより

2010-09-03 投稿記事より引用)

昨日は、年収5億円のコピーライターと飲んでました。

彼は、コピーを書き始めてから

たった3年の28歳なのですが、

すでに月収5000万円、年収5億円以上とのことです。

年収2000万円クラスの

自称コピーライティングのプロとは格がちがいます。

そんな彼が話していたのは

「コピーを極めれば収入は無限大に増えていくから、

コピーライターをやっている。」ということです。

彼は、昔他のビジネスもやっていたのですが

やはりコピーライティングが一番儲けやすいので

今はコピーライティングに集中しているとのことでした。

これを聞いて、私は、

自分ももっとコピーライティングの実力を伸ばさないとなと

思った次第です。

私は年収1億円なので、実力としては彼以下です。

コピーの世界は結果が全てだからです。

ですから、もっと学ぶべきだと思った次第です。

また、メルマガ&ブログ読者さんにも

コピーライティングの実力を伸ばすことを勧めようと思った次第です。

コピーライティングの実力を伸ばせば

短期間で驚くほど収入を増やせますので、

これは学ばないと損だと思います。

可能性は無限大ですので

ぜひ出来る限り学んでおくことをオススメします。

年収1億円ブロガーの川島さんが舌を巻くような存在が、彼です。

そしてそんな彼の下についている宇崎さんが作り出したのが、The Million Writingです。

The Million Writingのメリットとデメリット

メリット

小手先のノウハウではなく根本的なスキルを獲得することができる

PPC, ブログ、YouTubeなど、アフィリエイト業界で言えばいろんな種類のものがあります。

でも、それらは全て技術を使ったものでしかありません。

PPCは広告という媒体を利用こそしていますが、それは結局はGoogleやYahooの規約やルールに左右されやすい。

ブログアフィリエイトは作業量がものをいう手法です。

これらと違い、コピーライティングは何かの技術を利用したものではありません。

っていうかそれより前の話ですね、それらの手法を行うのは文章が伴う。

ということは結局、言葉を使って説明しているということですから。

コピーライティングは人の心を動かす人間そのものに働きかける「アート」なのです。

人によってはこの200枚のテキストが、人生そのものの教科書になると言っても過言ではありません。

こう宇崎さんは言っています。

99%の人が逃している潜在的なお客を捕まえることができる。

どういうことかというと、

  • コピーライティングはその人が意識していなかった問題を提示し、

  • 解決策(なんらかの商品やサービス)を教えてあげて、

  • 実際に購入してもらう

こんなことができます。

つまり、今まであなたが捉えることができなかったターゲット以外の人たちにも商品を教え、購入してもらうことができるようになるということ。

ほとんどの商材や広告はこの潜在的な顧客、いわゆる見込み客を相手に商売をすることができません。

だからPPCアフィリエイターのほとんどはペラページという薄っぺらい、まさにペラい紙のようなものを作って、商品を買いたい人に対して商品を見せてあげることで利益を出す、ということしかできない人ばかりなのです。

「アフィリエイトはもう稼げない」とか言っている人を見ると悲しくなるを通り越して残念な気持ちになってしまいます。

見込み客一人のニーズを解決するための方法も知らずに稼げないなんて言っている人は、僕からするとビジネスをしているという人間ではないと思うのです。

商材代金がめちゃくちゃ安い

あの、最後に紹介させてもらいますけど、ぶっちゃけ引くくらいの価格です。

価格を紹介したい時点で無条件で買ってもらいたいくらい。

でも、こんな場合があるかもしれません。

「でも私もうコピーライティング教材持ってるんですよね」

じゃあ質問させてください。

あなたは本を持っていたらそれと同じ分野の本はもう二度ど買わないんですか?

僕は哲学書を読みあさっていますが、一人の哲学者の本を読んでいるよりも様々な国籍の、様々な時代の本を読みます。

そうすることで、いろんな視点から理解を深めることができ、視野が広がるからです。

そして、いろんな問題に対する様々な解決法を理解することができます。

コピーライティング教材には本当にいいものがたくさんあります、僕も最初はネットビジネス大百科を購入して学習していました。

でも、そのあなたが持っているひとつだけじゃなく、複数の教材を学ぶことで、多角的な方面から学ぶことができます。

学び方も内容も異なれば、得るものは間違いなくあります。

今すぐThe Million Writingの価格を確認したい場合はこちらをクリックしてください(つかさ限定の特典付きです)。

The Million Writingのデメリット

即効性はない

PPCアフィリエイトみたいに、始めて一週間で一万円の利益が出るみたいな話ではありません。

スキルというのは学んで、実践して、繰り返して繰り返して自分の血肉となるくらいまで身につけていくものだからです。

とは言え「そこまで気長にやってられない!」という場合もあるでしょう。

そのためThe Million Writingではマニュアルの最後に「44項目のチェックシート」が書かれています。

一度マニュアルを学習した後、それに沿って文章を作成・添削していけばある程度コピーライティングを利用したものができるようになりますよ。

(これに関連した特典を僕の方でつけさせてもらってます、詳細はこの記事の後半を見てくださいね)

具体的な稼ぎ方が書かれているわけではない

当たり前と言えば当たり前ですが、この教材で学べるのは「商品を売るための文章の書き方」であり、「商品を売るための方法」は一切説明されていません。

とは言え商品を売る方法、テクニックを知っただけではなかなか売り上げは上がりません。

この教材を学習することで、商品を販売、アフィリエイトした時の利益を増加させることができると考えればいいでしょう。

これだけで稼げるわけではない

具体的な稼ぎ方ではない、というのを違う視点から見ただけですが、つまりこれだけでは稼げないです。はい。

でも、これを学ぶかどうかで結果は顕著に数字に表れてきます。

雲泥の差という使い古された言葉がありますが、あなたがこの教材で学べるスキルを身につけるかどうかが全て。

使えない営業マンを数百人雇うのと、優秀な営業マンを数人でも雇うのでは結果は全くといっていいほど変わります。

The Million Writingの内容は?

内容をネタバレしてます、僕じゃなくて宇崎さん本人が。

実は内容はこの商材のランディングページでネタバレされてちゃってます。

目次が公開されているんですよ。こんな感じで。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-22-12-20

章ごとのタイトルだけじゃなくて、小見出しまで書いちゃってます。

つまり普通の商材ページみたいに、箇条書きでふわっとしたあんなことができるとかこんなことができる、みたいなものだけでなく、具体的に何が学べるのかを知ることができるわけです。

The Million Writingの購入に際して

あなたがドン引きしてしまう価格設定

途中でも説明しましたが、やっとここで価格のお話。

The Million Writingの商材代金ですが。

3980円です。以上。

…僕は正直ここで文書を書くのを切り上げたかった。

なぜならこの時点であなたは教材を買うことを即決する可能性しかないと僕は考えるからです。

この馬鹿げた値段設定で、このクオリティの教材を手にすることは普通に考えれば不可能だからです。

でも残念ながら僕はここで文章を書きやめることができない。

価格以上に頭のおかしい特典が転がっているからです。

商材自体のとんでもない特典たち

無条件返金保証

Special Bounus Plan : 1 “無条件”全額返金保証

まず1つ目は無条件で受け付ける返金保証です。

もはや細かな条件なども一切付けません。

中身を読み、あなたがそこに「代金以上の価値は無かった。」と判断したなら、すぐにその旨をこちらに申し出てください。

お申し出があった段階で私達はこちらの保証を無条件で適用し、その1週間以内にご指定頂いた銀行口座に購入代金の全額を速やかにお返しさせて頂きます。

えーっと、これも見出しだけで十分だと思うんですけど。

3980円という価格設定に加えて。返金保証です、しかも無条件の。

いうなればあなたは数千万円を稼ぐ人に数千円を渡して、その稼ぐための技術を学ぶことができるんです。

しかもあなたが不道徳な人間で、彼を罵倒しながら「pdfのフレームのデザインがダサいから読む気にならない。金を返せ」というモンスタークレーマーのような人だったとしても、代金は無条件に帰ってくる。

もちろん、商材の内容は僕が紹介できると確信しているから紹介しています。

返金保証なんてことは本当に例外的な理由がない限りやったりはしない教材だと今ここで言っておきます。

5億円コピーライターへの作成依頼

Special Bounus Plan : 2 コピーの添削及び制作依頼による提携権利

当教材には一般の窓口などを一切設けていない“彼”に、セールスレターやアフィリエイト記事などの添削もしくは制作を優先して依頼出来る特別枠をご用意させて頂きます。

彼はもう業界内では「知っている人は知っている」という超一流のコピーライターです。

ここ最近で言えば、この業界の話題をさらい、テレビ出演なども頻繁にこなしているY.Tさん(名前がY,苗字がT)などのセールスレターも彼が手がけた経緯があるくらいです。

そんな彼への仕事の依頼は、現在は既存のクライアントによる紹介などの特別なルートが無ければまず行えません。

恥ずかしながら僕は、本編のマニュアルを全部読むまでこの特典に気づきませんでした。

彼のコピーライティング能力によって心理を鷲掴みにされた僕は、彼の思うままに文章をちゃんと読むことすら忘れさせられて商材を購入したからです。

もっとも、今僕があなたに紹介するために、コピーの勉強も兼ねてちゃんと読みましたけどね。

はい、本題に戻りましょう。

この特典はつまり、あなたが前払金なしの成果報酬制で5億円を稼ぐ宇崎さんの師匠であるコピーライターにコピーの作成や添削を依頼できるというものです。

詳細は公式ページのレターやマニュアルを確認していただきたいですが、究極的に言えばあなたが文章を書かなくても宇崎さんの師匠があなたの代わりに利益を生み出すコピーを制作してくれるってことです。

ありえない価格、ありえない保証、ありえない特典。

教材本編に加えてこの3つの判断材料を提示されて、あなたはどんな判断を下しますか?

あなたへの限定特典

つかさ限定特典1「コピーライティング実践チェックシート」

ほとんど完璧と見える商材に、僕は今から唾を吐きつけるようにケチをつけます。

「これさあ、読んだだけじゃ身につかなくね?」

これが僕が商材を読んだ時の感想でした。

本編はpdfに納められた文章でできています。

そして、それが全てです。

ここに、一般的な教材と決定的に違う点があります。

デメリットのところで具体的な稼ぐ方法を学べるわけではないって書きましたが、それば言い換えると実際にコピーライティングスキルを使う機会が存在しない、ということでもあります。

もちろん読んだ後、ちゃんと文章は書くでしょう。

しかし、それを書いているからと言ってコピーライティングを意識できているか、使えているか、そしてそれが有効かどうかということは全く保証できないんです。

やった気になって結局できない危険がある、ということ。

そこで僕は唯一のこの商材の欠点を埋める特典をつけます。

コピーライティング実践のためのチェックシートです。

The Million Writingチェックシート

僕が作ったチェックシートは、文章がただ書かれたものではなく記入制です。

そしてそこにあなたが自分の文章がちゃんとコピーライティングに必要な要素を入れられているかを自己評価し、記入していきます。

そしてどこかの要素が満足できてない場合は、頭を捻らせながら改善していく。

そうすることでひとつの記事を何度も何度も修正していくことができます。

勉強は教科書を復習するより問題を解くほうが効果的だ──。

そんな論文が『サイエンス』誌の2008年2月15日号で報告された。

米パデュー大学のカーピック博士の研究だ。

より専門的に説明すれば「入力を繰り返すよりも、出力を繰り返すほうが、脳回路への情報の定着がよい」ということになる。

カーピック博士はよく練られた実験デザインを活用して、この面白い事実を発見した。

nikkei BP net「潜在“脳力”:【1】脳は「入力」より「出力」で覚える」より引用

僕がこの記入式のチェックシートで目的としたのは高い得点を取ることではなく、自分がいかに読んだ気になって勉強した「つもり」で終わっていることを理解してもらいたいから。

そしてそれを頭を捻らせながら何度も繰り返し出力して、覚えてもらいたいからです。

実際、僕がこのチェックシートを作ってやってみましたが、最初はどうしようもないくらいの結果になりました。

そこで、必死になって質を上げようと努力したんですね。

その結果としてコピーライティングが少しずつ身についているという実感があるんです。

インプット、読むだけでは意味がないです。

そもそもそれを使ってアウトプット、書くことが目的なんですから。

でも、目次にちゃんと目を通していると、こう思うでしょう。

「え、チェックシートってマニュアルに入ってるよね?」

「教材のマニュアルあれば十分だし、同じもの特典につけても買わねえよ」

と。

では聞きますが、あなたはマニュアルに目を通しただけでコピーライティングが身につくとでも本気で思っているんでしょうか?

想像してみてください。

学校英語で100点を取り続けて「俺は英語が完璧にできる」と宣言している人が道端で「I’d like to go to Shinagawa station.」と聞かれて、一切言葉が浮かばず「あう、あう…」とキョドッてしまう場面を。

実際に起こり得るケースです。

コピーライティングに置き換えると、ドヤ顔で「俺が書いた文章は万人を動かして10億円稼ぐことができる(キラッ」って言っているようなものです。

その文章で動かせるのは、きっとそんなお花畑の世界を夢見ているライター本人だけでしょう。

あなたにはそんなうわべだけで満足して本当に必要な時に必要なスキルを持たないなんでことにはなってもらいたくないんです。

手を動かさないと身につかない、数学は数式を解かないと身につかない。

コピーライティングスキルは、文章を書かないと身につきません。

しかもコピーライティングを意識しながら。

文章を書くだけなら誰にでもできる。

コピーを本当に身につけたいあなたのために、これは必要なんです。

つかさ限定特典2「購入者限定メールマガジン」

僕から商材を購入してくれた方にだけ配信している、限定メールマガジンへご招待します。

一般向けメールマガジンではお話できないようなことを配信していきますよ。

90日間のメールサポート

加えて、90日間のメールサポートを特典にしました。

教材を学ぼうと思っても、わからない部分がたくさん出てくると思います。

そんな時に遠慮なくいつでも質問してください。

ブログからの一般質問も受け付けていますが、購入者であるあなたのことを最優先に対応していきますよ。

The Million Writingのレビューは以上です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

つかさ限定特典付き、The Million Writingの購入はこちらをクリック

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-21-12-05

購入確認画面で以下のようにつかさの特典が表示されていることを確認してから購入をお願いします。

表示されていない場合は、僕の特典をお送りすることができません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-18-19-16-59

Pocket


いつも応援ありがとうございます!

僕の記事がお役に立てた時は、是非ブログランキングボタンを押してくださいね。

クリックしてブログを応援する!