ステマ(ステルスマーケティング)は悪いことだという考えについて。

Pocket


こんにちは、つかさです。

今回はステマと呼ばれるマーケティング手法について、
それが本当に悪いことかどうかを
僕なりの視点から語ってみたいと思います。

そもそもステマとは?

まずステマとは、
以下のような定義をもつマーケティング手法です。

ステルスマーケティングとは、マーケティングの手法のうち、それが宣伝であると消費者に悟られないように宣伝を行うことである。

ステルスマーケティングは、中立的な立場での批評を装ったり、当の商品と直接の利害関係がないファンの感想を装ったりして行われる。

商品の特長の紹介や、評価システム上の評価をつり上げるなどの行為により、多くのユーザーの目に触れさせ、またユーザーの商品に対する印象を上げることが主な目的とされる。

インターネット上では、ショッピングサイトのユーザー評価の投稿欄や、ブログ上の体験記、口コミ情報サイトなどがステルスマーケティングに利用されやすい。

有名人などがブログでお気に入りの商品を紹介する記事の中にも、ステルスマーケティングに該当する例があるとされる。

ステルスマーケティングを行うことで、バイラルマーケティングやバズマーケティングを意図的に引き起こすことが期待できる。

ステルスマーケティングはそれが宣伝であることを意図的に隠すやり方であり、一般的にはモラルに反するとされる。ステルスマーケティングを行っていることが発覚した場合、非難の対象となる場合が多い。
Weblio – 「ステルスマーケティング」より引用

要するに企業が商品を売るために、
自らが企業であることを隠して
商品やサービスのプラスのイメージを植えつけたり、
ライバル会社の商品の批判をしたりする手法のことですね。

このステマは消費者側からすると、
自分の心を知らず知らずのうちに操作されている、
要するに「騙された」気分になり、
ステマだということが発覚すると非常に腹立たしい気持ちになったり
最悪の場合そのステマをした会社やメディアが炎上してしまったりもします。

しかしながら僕はこのステマについて、
こんな疑問を持つんです。

そもそもステマって悪いことなのか?

と。

「ステマ(ステルスマーケティング)は悪いことだという考えについて。」の続きを読む…