メルマガブログアフィリエイト概説:収入を自動的に稼ぎだす仕組み

Pocket


僕がやっているインターネットビジネスは、アフィリエイトと呼ばれています。
そして、そのアフィリエイトの中でも2つの種類を実践しています。
メルマガ(メールマガジン)アフィリエイトと、ブログアフィリエイトの2つです。

理由はいろいろあるのですが、つまるところこの2つのアフィリエイトこそ、数あるインターネットビジネスの中であなたが自由に収入と時間を得られるようになるインターネットビジネスだと僕は考えています。これからこのアフィリエイトの内容と、利点についてお話しさせてください。

メルマガ・ブログアフィリエイトとは何か

一言でこのアフィリエイトを説明すると、「自分のメルマガあるいはブログ上で利益を生み出すサービスを紹介し、読者に購入してもらうことで収益を発生させる」と言えるでしょう。あなた自身がお客様に商品を紹介して買ってもらうのではなく、あなたが持っているメルマガとブログという二つのメディアにそれを代行させる、ということです。

どれくらい稼げるのか?

ここがあなたにとって一番重要な部分だと思います。この点が明確になっていなければそもそもあなたはアフィリエイトを始めるどころか、興味を持つことすらないでしょう。単刀直入に言います、あなたが本気で取り組めば月収100万円、年収1000万円くらいであれば稼ぐことができます。

月100万円の収入というと非現実的に感じられるかもしれませんが、僕の実績として合計40万円の利益を出すことができています。個人的にはもちろん金額的に全然不足です。仕事を辞めてアフィリエイトだけで生活するのが目的ですからね。とはいえいずれにせよ、実際にアフィリエイトでお金を稼ぐことができているのです。

例えばだいぽんさんという方は、このアフィリエイトで合計1億5000万円のアフィリエイト報酬を手に入れています。
しかも実は彼はほとんど仕事をしていません。「一体どうやって?」と不思議に思うかもしれませんが、これに関してはまた後ほど説明させていただきますね。

繰り返しになりますが、これらのアフィリエイトはあなたがどれだけインターネットビジネスに取り組むかでどれだけ稼げるようになるかも決まるわけです。

どうやって収益を発生させるのか

アフィリエイトが実際に利益を生み出すことができること、特にあなたの現在の収入を大きく超える利益を生み出すことができる、ということを説明させていただきました。

でもまだ分からないことだらけですよね。「どうやってお金を稼いでるの?」っていう至極単純な疑問がまず最初に浮かんでいると思います。
では今から、アフィリエイトがどうやって利益を生み出しているのかについて、部分ごとにして説明していきます。少し難しい部分もあるかもしれませんが、頑張って付いてきてくださいね。

3つのステップ

まず、すごく当たり前な質問をさせてください。ビジネスにおいて利益って、どういう場合に発生するでしょうか?お客様が商品、サービスを買ってくれた時ですよね。お客様が商品に対して「これは価値がある」と心の中で(意識的にせよ無意識的にせよ)感じて商品を欲しくなる、そして実際にお金を出して購入することで、販売者はそのお金を受け取ることができるわけです。これが、ビジネスで利益を生み出す際の基本的な考えです。

で、ビジネスを進める際の一つのマーケティングの手法としてDRM、ダイレクトレスポンスマーケティングという手法があります。
ダイレクトレスポンスマーケティング、訳すと「直接顧客から反応を取ることができる市場における活動」とでも言えるでしょうか。アフィリエイトではこの手法を利用して利益を生み出しています。

DRMは基本的に3つのステップに大別することができます。集客、教育、販売の3つです。一言で言うと、見込み客をサービスにあった方法で「集客」し、商品を買ってもらうために必要な「教育」を行い、最後に売りたい商品を「販売」するということです。では一つずつ説明していきましょう。

集客(商品を購入し、利益を与えてくれる見込み客を集める)

ビジネスにおいて利益を出すためにまずはサービスを購入してくれる、見込み客(将来的に顧客となる可能性のある人)を集めなくては何も始まりません。そのためアフィリエイトに限らず、ビジネスの第一ステップとして見込み客を集めるプロセスが必要です。これを集客の段階と言います。
基本的に見込み客が集まりさえすれば、集客はどんな方法を使っても構いません。もちろん法に抵触しないことは大前提ですが。リアルだとティッシュ配りやCM、チラシをポストに投函することなんかが集客の一手段としてありますよね。

しかしながら今お話ししているのはリアルではなくインターネット上のお話し。ティッシュ配りなんて一人の人が1日中頑張ってもアプローチできる人数には限界がありますが、インターネットでは基本的に制限はありません。なぜなら自分が見込み客に対してアプローチを仕掛けるのではなく、自分が作ったコンテンツが見込み客に対してアプローチを仕掛けるからです。
では、どのような集客の方法があるのでしょう。以下はインターネットにおける集客方法の代表的な例です。

  • SNS
  • 無料レポート
  • 広告(無料オプトイン)
  • 検索エンジン
SNS

ツイッターやFacebookといったSNS(Social Network Service、ソーシャルネットワーク)を利用する方法。
例えばツイッターでフォロワーさんとのコミュニケーションを通して自分を知ってもらい、そこからブログを読んでもらったり、メルマガに登録してもらうというのが順当ですね。SNSというのは上手く使えばかなり有用です。というのもSNSは基本的にビジネスを知らない人であふれいているから。

アヒルは生まれて初めて見たものをお母さんと認識して一生ついていくそうですが、もしあなたがビジネスを知らない人を集客して初めてのビジネスを教える人になれば(後の教育のプロセス)、その人はあなたを信頼して付いてきてくれる、そして利益をあなたにもたらしてくれる可能性が高いです。

無料レポート

これはノウハウをまとめたレポートを無料レポートスタンドに公開して、そのレポートを読みたい人がメールアドレスを登録することでメルマガに登録してもらうことができます。
この手法で集客した見込み客は基本的にビジネスを多少なりとも知っている人が多いです。なぜなら無料レポートスタンド自体がそういうビジネス系のものが多いから。
なのでここで集客した人はしっかりと後の教育のプロセスで誰よりも質の高いコンテンツを提供して、自分を信頼してもらうことが重要です。

広告(無料オプトイン)

これは説明しなくても直感的に理解できると思います。テレビのCMや雑誌の要所要所に差し込まれている商品の広告のことですね。インターネットだと、サイトのバナー広告といえばがわかりやすいでしょうか。
この方法は、先のSNSのようにビジネスを知らない人と無料レポートのようにある程度ビジネスを知っている人が集まるかどうかは広告の内容によって決まります。なぜなら広告は他でもない、あなたが企画するものだから。あなたが商品について何も知らない人を集めたいと思ったのならばその広告は初心者向けのものになるでしょうし、ある程度の知識を持った人を集めたいと考えたのなら、広告は玄人向けのものになります。

あなたが集客したい見込み客によって、広告の見出しや内容を適切に作り分けることが必要だということですね。

検索エンジン

そして検索エンジン。これはお話しなくてもわかりますよね。GoogleやYahoo!なんかで見込み客が気になるキーワードを入力した検索結果に自分のコンテンツが表示されて、自然にブログを読んだりメルマガに登録してくれるということです。この検索エンジンでの集客を最大化するために、インターネットビジネスではよくSEO(検索エンジン最適化)といったことをやっています。

SEOというのはつまり検索エンジンの検索結果に自分たちのコンテンツを上位表示(検索画面の上の方)させようとする作業のことです。ただ、基本的にはSEOも重要ですが、それ以上に質の高いコンテンツを作ることの方が重要です。だっていくらアクセスが集まってもコンテンツの内容が薄ければ自然と読者は離れていきますから。

これは広告のようにお金を払うことなく自然な形で見込み客を集めることが可能です。

教育(集客した見込み客に対して様々な情報を提供する)

以上のような方法を使って、集客の段階では見込み客を集めます。ただこの人たちは将来的に利益を出してくれる可能性があるとはいえまだあなたに関して、あるいは商品に関して何も知らない状態です。単に興味を持っただけの人もいます。そういう人たちに対して、あなたとあなたの商品(アフィリエイトする商品)のことをもっとよく知ってもらうことが必要です。この見込み客に対して適切な知識をインプットしてもらうためのプロセスが教育です。

基本的には教育する内容はあなたとあなたの見込み客にあった内容、としか言うことはできませんが、ビジネスにおいて重要なのは将来的にあなたから、あなたの商品を買ってもらうことですよね。あなたがいくら教育をやったって、他の人から商品を購入するようではどうしようもありません。そうすると利益があなたの元に入ってこないからです。なので個人的には、以下のような内容を見込み客に学んでもらう必要があると考えています。

  • あなた自身についてのこと
  • 商品に関連するしないに関わらない様々な知識
  • 商品そのものについての知識
あなた自身についてのこと

個人的にはこれがもっとも重要な部分だと考えています。
なぜなら自分のことを好きになってもらえれば、見込み客はいつまでもついてきてくれるからです。商品を売りたいからと言って無理やり売ろうとしても、それでは見込み客のあなたに対する信頼は下がってしまい、結果として売れなくなってしまいます。
とはいえ自分のことを好きになってもらおうとしても、あなたから学ぶ価値がないと感じられなければいけません。
そこで次の実際に活きる知識を教えてあげることが必要になってきます。

商品に関連するしないに関わらない様々な知識

これは要するに、見込み客が知らない、あなたの商品に関する周辺知識の教育です。人はその商品に関する知識を持っていなければ、違いはなかなかわかりません。僕はドラムをやっていますが、ドラムを叩くためのスティックにはいろんな素材があります。もちろん叩き心地も違います。でも、それってやってる人じゃないと知らないんです。

違いが分からなければ、商品に対して価値を感じることもない。まずは商品を買ってもらうための前段階として、商品に価値を感じてもらうために必要な知識を知ってもらう必要があるんです。

商品そのものについての知識

これは販売と少し重なっているところがありますが、早い話がこの商品がどれくらいの価値を見込み客に対してもたらすのかを教える、ということです。商品がどれくらいあなたにとって価値があるのか?これがあることによってどんなことができるようになるのか?見込み客の生活がどれくらい変わるのか?そういったことを説明するのです。

この段階を踏むことで見込み客はあなたのことを好きになります。そしてあなたが紹介する商品を欲しくなります。自然とね。ここまでやって初めて、商品を販売することができるようになります。

販売(クロージング、見込み客にサービスを購入してもらう)

最後のステップ、販売です。

とは言っても集客をして、必要な内容を教育の段階で教えることができているのであれば、ここはそれほど難しいことではありません。なぜなら今まで教えたことを踏まえて商品を紹介すればいいから。

実はこのステップは非常に簡単なんです、今までの教育のステップで必要なことは全部教えているから。究極的には、「はい、これを買ってください」というだけで商品を買ってもらうことだってできるんです。

そして商品を買ってもらったということはとりもなおさず、あなたの元に利益が入ってくるということになるのです。

なぜメルマガアフィリエイトとブログアフィリエイトなのか

今、DRMの3つのステップによって利益を出すまでの簡単なプロセスを説明しました。どうですか、少しでも利益を出すまでの過程をイメージすることができたでしょうか?
とはいえ、最初の話を思い出して思うかもしれませんね。「別につかさが入ってるみたいにメルマガとブログアフィリエイトじゃなくてもこれってできるよね?」って。
はい。そうです。DRMはアフィリエイトに限らず、あらゆるビジネスで使うことのできる技法です。物販からサービス提供まで、この手法は様々な形のビジネスで用いられています。

でも、僕がこれをアフィリエイトと合わせて話すのはもちろん理由があるのです。次にこの二つを僕が進める理由についてです。

メルマガアフィリエイトの特徴

メルマガアフィリエイトとは読んで字のごとくメールマガジンを使ったアフィリエイトですね。

そしてメールマガジンご存知の通り、メールを使った購読システムのことです。発信者は発信したい内容の文章を書き、それをメールで読者に一斉配信します。メルマガには幾つかの利点がありますが、最初の利点は1通のメールを無制限の読者に対して送ることができるということです。

これ、どういうことかわかるでしょうか。先ほどDRMを説明した時、あなたはあなたが一人の人に対して集客、教育、販売というステップを一人ずつ行うと想像しながら読んでいたのではないでしょうか。でも残念ながら、それは間違いです。いい意味で。

というのもメルマガは1通のメールを、メルマガに登録している読者全員に対して送ることができるのです。これによってあなたのメール1通あたりの仕事量に対して、リターンとしての利益は読者の数の分だけ掛け算されることになります。

ステップメール

二つ目のメルマガの利点、それは「ステップメール」と呼ばれる機能です。ステップメールとは聞きなれない言葉だと思います。それはそのはず、あなたが何かしらのメルマガを購読しているとしても、あなたがそれを知る必要はなかったからです。
ステップメールというのは「設定した時間ごとに読者に対して自動的にメールを発信する機能」のことです。

例えば「毎日昼の12時、お昼休みの時間にメールを配信する」という設定を行えば、あらかじめ設定された文章のメールが読者の元に送られるようになります。
そして、このステップメールの内容は発信者が自由に編集することができるのです。知っている人からすると当たり前の話なんですけどね。

さて、このステップメールをうまく使うと何ができるでしょう?さっきのDRMを思い出してみてください。…そうです、ステップメールはDRMの3つのステップのうちの2つ、教育と販売を自動化することができるのです。

あらかじめ決められた教育用のメールを数週間送り、その後販売用のクロージングのメールを送る、あなたではなくて、ステップメールが。あなたは最初のスタートアップの段階でステップメールを書き上げ、設定さえ行えば後は自動的にメルマガシステムがすべてを代行してくれます。素晴らしいステップメールが出来上がった後はあなたはもう何もする必要はないのです。

ブログアフィリエイト

とはいえ、メルマガアフィリエイトには今の段階で決定的に欠けている部分があります。DRMのステップのうち教育と販売ができる、と先ほど言いましたが、肝心の集客の部分がメルマガには抜け落ちているんです。それもそのはず、メルマガというのは読者ありきのシステムですから、読者を集めるのはメルマガの外での作業です。ではこれをどうやって補えばいいのか?そこで、ブログが登場します。

ブログはインターネット上に存在する資産である

DRMの集客の説明で幾つか方法を紹介しました。ただ基本的にそれらは一時的なものでしかありません。SNSや無料レポートは常に更新していないと投稿が埋もれてしまいますし、広告は広告費を出し続ける必要があります。アフィリエイト初心者であるあなたにはなかなか難しい面が大きいでしょう。

しかしながら、ブログは違います。毎日でもコンテンツを作り続けていれば、それはブログ上に一生残ります。SNSのように他の人の投稿に自分のコンテンツが埋もれることはないし、広告のように多額のお金を払う必要はありません(ブログを運用するためのサーバーなどを利用するためのお金は少々かかりますが)。アクセスを集めるための資産、不動産のようなものがブログなのです。

そしてブログに検索エンジンなどからアクセスが集まると、読者は一人でメルマガに登録してくれます。メルマガの読者として登録されると、もう何もする必要はありません、さっき言ったようにステップメールに利益を出すまでの残りの作業を任せればいいからです。

二つを合わせることで利点だけを強化することができる

このように、メルマガとブログは両者を組み合わせて使うことで非常に強力な効果を発揮します。
ブログのコンテンツ(資産)を増やしアクセスを集める、ブログ上からメルマガに登録してもらい、その後ステップメールに見込み客に教育と販売を担当させ、利益を生み出す。つまり、この二つのアフィリエイトを並行して運用することで、両者の欠点を解消しつつ、利点を際立たせることができるのです。

ブログでコンテンツを作り、検索エンジンや他のメディアからアクセスした読者がコンテンツに興味を持ちメルマガに登録する。この時点でブログの欠点であるこちら側からの積極的なアプローチができないという欠点はメルマガの利点であるプッシュ型のアプローチが可能、という点によって解消されることになります。それでいて、ブログは依然として存在していてコンテンツは作れば作るほど増えますから、アクセスは増え、メルマガの読者も日ごとに増えていく一方なのです。

収益の発生を自動化することができる

これが、僕が二つのアフィリエイトを進める最大のポイントです。あなたは今会社で仕事をしていますか。仕事って、基本的にあなたが働くことで給料をもらっていますよね。つまりあなたが仕事に割いた時間に対して金銭が支払われているわけです。

しかし、僕が提唱しているアフィリエイト、これは最終的にあなたが働く必要なく利益を生み出してくれるようになります。あなたが今やっている仕事、労働のようにあなたの時間を切り売りせずに収入を得ることができるようになるということです。

考えてみてください。ブログはあなたがコンテンツを作れば、あとはユーザーが検索して、勝手にブログにアクセスして勝手に記事を読みます。そしてあなたの記事を通してあなたに興味を持ち、メルマガに登録し、読むようになります。

要するに、収益を生み出す仕組みをシステム化できるということです。システム化とはなんでしょう?例えば電車のシステムを考えてみましょうか。電車っていろんな要素で出来上がっています。ネジ、金属板、ベアリング、その他数千パーツもの部品の組み合わせが電車を構成しています。でも、それだけでは電車の「システム」は出来上がっていません。電車が地面の上に置かれていても電車は電車としての機能を果たせないのです。例えばですが線路、電力、人員といったさらなる要素が必要でしょう。電車をある意味自動的に目的地に導くための線路、電車自体を稼働させるための電力、そして動くようになったものを捜査する人間、こう言った要素が欠けていれば電車は機能として十分ではないのです。このように全体として本来の意味を持つものをシステムと言います。

Wikipediaで「システム」の項目を見てみると、こんな定義が引用されています。

JIS Z 8115「ディペンダビリティ(信頼性)用語」は、信頼性に関係する分野・目的(たとえば信頼性工学)のために用語の定義を与えるものであり、必ずしも一般的な定義とは言えないかもしれないが、次のように「システム」を定義している。
所定の任務を達成するために, 選定され, 配列され, 互いに連係して動作する一連のアイテム (ハードウェア, ソフトウェア, 人間要素) の組合せ.

「互いに連携して動作する」というのがポイントですね。つまりメルマガとブログは相互的に動いていて助け合いながら収益を発生させるシステムを作り出しています。この自動化システムを構築できること、これこそが、僕がメルマガ・ブログアフィリエイトを進める理由です。

 

Pocket


いつも応援ありがとうございます!

僕の記事がお役に立てた時は、是非ブログランキングボタンを押してくださいね。

クリックしてブログを応援する!