ステマ(ステルスマーケティング)は悪いことだという考えについて。

Pocket


こんにちは、つかさです。

今回はステマと呼ばれるマーケティング手法について、
それが本当に悪いことかどうかを
僕なりの視点から語ってみたいと思います。

そもそもステマとは?

まずステマとは、
以下のような定義をもつマーケティング手法です。

ステルスマーケティングとは、マーケティングの手法のうち、それが宣伝であると消費者に悟られないように宣伝を行うことである。

ステルスマーケティングは、中立的な立場での批評を装ったり、当の商品と直接の利害関係がないファンの感想を装ったりして行われる。

商品の特長の紹介や、評価システム上の評価をつり上げるなどの行為により、多くのユーザーの目に触れさせ、またユーザーの商品に対する印象を上げることが主な目的とされる。

インターネット上では、ショッピングサイトのユーザー評価の投稿欄や、ブログ上の体験記、口コミ情報サイトなどがステルスマーケティングに利用されやすい。

有名人などがブログでお気に入りの商品を紹介する記事の中にも、ステルスマーケティングに該当する例があるとされる。

ステルスマーケティングを行うことで、バイラルマーケティングやバズマーケティングを意図的に引き起こすことが期待できる。

ステルスマーケティングはそれが宣伝であることを意図的に隠すやり方であり、一般的にはモラルに反するとされる。ステルスマーケティングを行っていることが発覚した場合、非難の対象となる場合が多い。
Weblio – 「ステルスマーケティング」より引用

要するに企業が商品を売るために、
自らが企業であることを隠して
商品やサービスのプラスのイメージを植えつけたり、
ライバル会社の商品の批判をしたりする手法のことですね。

このステマは消費者側からすると、
自分の心を知らず知らずのうちに操作されている、
要するに「騙された」気分になり、
ステマだということが発覚すると非常に腹立たしい気持ちになったり
最悪の場合そのステマをした会社やメディアが炎上してしまったりもします。

しかしながら僕はこのステマについて、
こんな疑問を持つんです。

そもそもステマって悪いことなのか?

と。

ステマは本当に悪なのか?

僕個人としては以下のような立場を持っています。

ステマ、すなわちステルスマーケティング自体は悪でもクソでも
何でもないものである。だけれども、

そのステルスマーケティングによって生み出される
消費者側に与えられるものの合計がマイナスになった場合、
そのステルスマーケティングを行った人間、企業が悪である。

という立場です。

どういうことか、説明しましょう。

広告もステマも本質は変わらない

まず、一般的にマーケティング手法として知られている、
広告の話をさせてください。

広告とは, 明示された個人や組織により告知, 説得を目的として有料で非人的に提示されるメッセージのことである.

広告の主な媒体には, 新聞, 雑誌, テレビ, ラジオ, 屋外, 交通, ダイレクトメール, 新聞折り込み, 店頭などが挙げられる.

広告政策とは, 告知内容の作成, 媒体ミックスの選択, 広告量の決定を指し, 広告効果の測定などを通して決められる.
Weblio「広告」より引用

という一つの定義があります。

あなたや僕が普通に見ているテレビや雑誌の広告、
そのほかいろんなメディア上で「誰が出しているのか分かるもの」
が広告です。

そしてこの広告と言われるものはなぜだか
一般的には好意的に受け止められることが多いです。

それはきっと広告が綺麗なモデルを使ったり、
楽しさや面白さを混ぜているからでしょう。

携帯キャリアのCMなんてその最たるものではないでしょうか。

しかしながら、実は広告とステルスマーケティングの目的は一緒です。

どちらも最終的に自分たちの商品のイメージをより良いものにし、
見込み客が「欲しい!」と思う心理状態に持っていき、
そして最終的に購入に至らせるまでの方法なのですから。

広告は企業や個人が名前を公開して、
より良いイメージを作り出そうとしている。

逆にステマは名前を出すことなく、
より良いイメージを作り出そうとしている。

僕自身はこの二つの間に、
商品販売者として取るべき行動としての
違いを見つけることはできないのです。

ステマうんぬんとか広告うんぬんじゃなくて、やる側の問題。

そうではなく、
広告あるいはステマをしている人たちがやっている行為、
それ自体がいいことなのか、それとも悪いことなのかを
僕たちは観察して判断すべきだと思います。

例えば、本当はブランド米でも何でもないお米を販売したい、
ネットに詳しい農家ががいたとしましょう。

彼らがもしステルスマーケティングを利用して、

「この農家のお米買ってみたけどめっちゃ美味しいから買いだよ!」

ということを伝えるブログを作って、
実際にそのステマによって、
お米が売れることになったとしましょう。

でも、もちろん質が伴っていないわけですから、
消費者が気付いて、ステマの正体を暴かれてしまったとしましょう。

その時その農家は「消費者をだまして質の悪い商品を買わせた」
という評価をされてしまうでしょう。

この場合は、ステルスマーケティングという手法を使って、
「質の悪い商品の購入を促したこと」が問題なわけです。

しかし、これが本当に美味しいお米だったら?

僕はこれをむしろ評価すべきだと思います。

ステルスマーケティングを使ったことによって、
そのお米を買った人たちの生活がより良くなったのですから。

つまり何が言いたいかというと、
マーケティングの手法なんて単なる方法であって、
本当にいい商品を売っているかどうか、
その商品を売っている企業側の態度自体こそ考えるべき部分だということです。

アフィリエイトも同じ。

僕がやっているアフィリエイトも同じことだと思います。

いい商品を読者さんが満足できる形で紹介することができる人、
これがいいアフィリエイターですし、
必要のないもの、自分の利益だけを目的に、
買ってもらう必要のないもの、勧めるべきでないものを紹介するのが
よくないアフィリエイターだということができるはずです。

僕は前者のアフィリエイター、
すなわちあなたが今本当に必要としている商品を伝えられるように、
こうやってブログとメルマガを書いています。

もし今回のお話が少しでも参考になれば、
ぜひ僕の他のコンテンツも読んでもらえると幸いです。

僕とアフィリエイトについてのお話

あなたに行動を起こしてもらうためのメッセージ

無料で購読できるメールマガジンの詳細はこちらをクリック

この記事を書いた人:つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの詳しいプロフィールはこちら

つかさが配信している無料メールマガジンとは?