ブログやメルマガの文章が書けない問題の解決法とは?

Pocket


今回はブログやメルマガで文章が書けなくて悩んでいるあなたへ、
一つの解決策というか、一つの壁の乗り越え方をお話ししたいと思います。

長い文章を完璧に書こうと思うから記事が書けない。

おそらくあなたが抱えている「記事が書けない」という悩みの裏には、
文章に抱く多くの願望があって、
その願望ゆえに文章を書くことができないのではないかと思うのです。

願望とはどういうことかというと、

  • 書いても恥ずかしくない文章を書きたい
  • 人に反応してもらえる文章を書きたい
  • 他の人よりも優れた文章を書きたい
  • 自分が満足できる完璧な文章を書きたい
  • 結果のでる文章を書きたい

というような、文章を書くことの
結果としてもたらされるものを望んでいるものということです。

そしてきっと、
その願望の全てを実現しようと思うあまり「完璧な文章」、
すなわちあなたが求める全てを実現してくれるような文章を書こうと考えてしまい、
手が動かなくなってしまうのではないでしょうか。

## まずは文章を書くこと、それ自体を目的にしよう

全ての願望を実現する文章、
そんな文章を書くことはなかなか難しいです。

文章が書けないことを悩んでいる時点で、
人に反応を取れる文章はおそらく書けないでしょうし、
自分が満足できるレベルのものを作ることもできないでしょう。

だからこそ、まずは全く別の目的を持って文章を書く必要があります。

今言ったように、
そもそもとして文章を書くこと自体がスムーズにできなければ、
人に反応してもらえるような文章を書くことは難しいですし、
ましてや利益を出せるような文章を書くこともできないでしょう。

まずは文章を書き切ること、
それ自体を目的として文章を書く段階が必要だということです。

まずは140文字から始めてみよう

そして、そのために僕が有効だと思っている場所、
文章を書く練習場所として有効だと思っている場所があります。それが、

ツイッターです。

普通、ツイッターは単なる日常のつぶやきの場として捉えられています。

しかし、それに加えて実は文章を書く練習場としても
非常に役に立つものだと思っています。

あなたがツイッターを使っているならご存知だと思いますが、
つぶやきは1回140文字が上限になっています。

Twitterでツイートできる文字数上限が140文字である理由は、SMS(ショートメッセージサービス )の文字数制限が160文字であることに由来する。

TwitterはSMSの文字数制限160文字を参考にし、140文字をメッセージ/つぶやき用として使用し残り20文字をユーザー名の表示にあてている。

SMSの文字数制限が160文字であるのにも理由がある。

テキスト・メッセージのの生みの親であるFriedhelm Hillebrandが、160文字はまとまった意味を伝えるのに最適な文字数であることを発見し、SMS規格委員会が調査したところ葉書に書かれる文字数は150文字以下がほとんどであることが分かった。

ここからSNSでは160文字という文字数制限を採用したそうな。

種探「Twitterが140文字である理由

一つのまとまった考え、
主張をするのにちょうどいい文字数が140文字だということですね。

しかしこれは裏を返せば、多くの文字数を書くよりも
効率的に人に伝わる文章を書ける文字数だということもできるでしょう。

ここで一つ、あなたに質問させてください。

自分が満足できる2000文字の文章を書くよりも
自分が満足できる140文字の文章を書くほうが
圧倒的にハードルが低いのではないでしょうか。

つまり、ツイッターでj140文字の文章を書くと、

  • 文字数こそ短いけれど、自分が満足できる文章を書くことができる
  • 短時間でひとまとまりの文章を書くことができるから、
    どんどん書き並べることができる
  • ツイッターで書き連ねたことをまとめサイトみたいに
    まとめることで一つのまとまったコンテンツにすることもできる
  • ブログと違ってフォロワーが近くにいるため、
    反応をすぐに受け取ることができる
  • あわよくば自分のブログに訪問してもらったり、
    メルマガに登録してもらうこともできる

こんなメリットがあります。

ブログではなくツイッターで文章を書く。

このたった一つの違いがこんなに大きな違いを生み出すことになるのです。

もし文章が書けないと悩んでいるなら、一度試してみてください。