全日本恩返しプロジェクト(筒井祐介)が情報隠蔽してるっぽい件。

Pocket


2018年に入ってからもビットコインに関する
無料オファーは続々と打ち出されています。

今回はその中から、
「全日本恩返しプロジェクト」
という無料オファーについてレビューしたいと思います。

全日本恩返しプロジェクトの内容はビットコイン案件。でも…

このオファーではビットコインをメインとした
仮想通貨案件を紹介しています。

ただ僕がランディングページに目を通していると、
無料オファーとしては不安に思ってしまう点がありました。

ビットコインの価値が10倍以上になったのは事実だけどさ。

僕がこの無料オファーに感じた不安な点としてはまず、
「ビットコインについてのネガティブな情報を隠している」
ということでした。

例えば次の文章はビットコインに関する
ポジティブな面についてしか話していません。

ビットコインは2017年で、
約17.6倍に上昇しました。

2018年1月1日時点で
ビットコインの価値は「約157万円」でした。

2017年1月1日時点で、
ビットコインの価値は「約10万円」です。

つまり価値は15.7倍になっています。

2019年にもビットコインは、
15倍以上になっているかもしれません。

ビットコインは2017年の1年間で上がり続け、
10倍以上に膨れ上がったということを書いていますね。

しかし、ビットコインはその2017年に
一度価格の大暴落を起こしています。

具体的には2017年12月にピークを迎えた
1ビットコイン220万円から、
一時は1ビットコイン150万円まで一気に暴落。

その後220万円まで価値が戻ることはなく、
この記事を書いている時点では次のチャートのように,
1ビットコインあたり170万円の価値となっています。


ビットフライヤー「ビットコインリアルタイムチャート」より引用

今回の無料オファーではあたかもビットコインが
単純に価値が増大しているような書き方しかされていませんが、
通貨の価値は単純に増加するわけではありませんし、
ましてや2017年に価値が15倍になったことを取り上げて、
2018年も今の15倍になると言うことはできません。

実際にはこのように価値が下がって赤字になるリスクもあります。

にも関わらずこの無料オファーでは
このリスクを一切ランディングページに書いていません。

そしてリスクを書いていないと言うことは、
無料オファーに登録した後にこのリスクを隠したまま
話が進んでいく可能性が高いです。

つまり確実に稼げると言うよりも、
むしろリスクのあるオファーだと考えるのが自然です。

「ビットコインは1億円に到達する」のウソ

またランディングページには、
次のような情報についても言及されています。

ビットコインは
「100万ドル(約1億)に到達する」
という予想もされており、
今持っているだけで勝ち組になれる
可能性が大いにあります。

現在の1ビットコインが200万円と言う価値から
1ビットコイン1億円まで価値が上昇する、
だから稼げると言う理屈ですね。

確かに「ビットコインが100万ドルに到達する」と言う発言は
アメリカの大手ファンド会社のマネージャーが発言した情報です。

しかし、ここには重大な情報が欠けています。それは、

この発言は2017年12月のビットコイン大暴落が起こる前の
2017年10月に発言された情報であるということです。

つまりビットコインの価値が増加しかしない
バブルだった時期の発言であり、
暴落が起きてバブルが終わった今では信ぴょう性はありません。

にも関わらず今回のオファーでは
この言葉の発言の時期を言及していません。

仮想通貨についてあまり詳しくない初心者に対して、

「ビットコインって稼げるんだ!」

と単純に考えてもらうことを狙っているような書き方で、
僕は非常に不信感を覚えてしまいましたね。

「スマートビットバンク」とは一体何なのか?

そして極めつけはランディングページで紹介されている、
スマートビットバンク」というシステムです。

このシステムの詳細は
ランディングページでは確認できません。

しかし非常に高い確率でこのシステムに関して
何らかのオファーが行われることが考えられます。

無料オファーは名前に無料とは付いていますが、
オファー主自身は広告費や企画にお金を使っています。

そのため利益を上げなければ赤字になってしまいますから、
無料オファーの登録者に対して商品を販売することになります。

そしてこの商品は大抵が高額なもので、
モノによっては数十万円という金額にもなります。

仮にビットコインで稼ぐとしても、
そのためには資金が必要です。

そんな中でわざわざシステムに代金を支払っていたら、
使える資金も減ってしまいます。

  • ビットコインのいい面だけを書いて
    ネガティブな情報を隠した紹介文
  • 投資についてのリスクを隠して
    稼げることを煽る書き方
  • 無料オファーの後に待っているであろう
    高額案件の存在

以上を考えると今回の無料オファーは
お勧めできないというのが結論ですね。

そして個人的にはビットコインのような仮想通貨よりも
リスクがなく稼げるアフィリエイトをお勧めしています。

結局、無料オファーは詐欺案件ばっかなの?

今回の記事を読んで、

「結局無料オファーなんて全部ダメなやつばっかなんじゃないの?」

という疑問を持たれたかも知れません。

そこで今回無料オファーの現状とその裏側の仕組みについて
まとめた記事を書きましたので参考にしてみてください。

無料オファーの全体像を知るにはこちらをクリック

 

この記事を書いた人: つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの自己紹介記事はこちら

アフィリエイト&コピーライティングで
あなたが月収100万円を実現するための
具体的な方法を学べるメルマガはこちらをクリック