DLB(ダブルラインバイヤーズ)プロジェクト(東野はじめ)はハイリスク

Pocket


今回レビューしたいのは
ダブルラインバイヤーズプロジェクト
という無料オファーです。

ランディングページにある
「横流しシステム」「完全後出しジャンケン」
という言葉から考えると、
無在庫転売を扱った無料オファーのようですね。

「ビジネス初心者でも完全ノーリスクで日給1万円」

「スマホ・タブレットのみでOK!」

「費用はなんと!今だけ無料!」

という言葉があるところを見ると、
典型的な高額案件が後で販売される可能性が高いですね。

それでは詳しく見ていきましょう。

そもそも特商法の記載が不足していて法的に怪しい

まず注目したのが特定商取引法に基づく表記の部分です。

住所には番地以降の記載がなく、
電話番号の記載自体がありません。

電話番号は特商法の記載で義務付けられていますが、
それにも関わらず電話番号を意図的に隠しているとしたら、
詐欺的な内容のオファーを打ち出している可能性が高いですね。

ランディングページでは無料であることを主張していますが、
もし問題のある有料商材を販売された場合でも、
このような表記だけでは相手が特定できず、
トンズラされてしまう可能性すらあります。

はっきり言ってこの時点で「ヤバい」オファーだと
僕は感じてしまいましたね。

無料セミナーで高額案件販売か?

確認のために今回の無料オファーに登録して見ると、
登録後のメールで無料セミナーの紹介が送られてきました。

内容としては、

  • 「完全ノーリスクの後出しジャンケン方式」の
    月50万円の自動権利収入
  • 「専用ルート」を使った「横流し」で
    1000万円の収入を実現する

という2種類の稼ぎ方を同時に紹介するという
セミナーのようです。

ただ他の無料オファーでの話と同じことですが、
無料オファーが最初から最後まで
完全無料であることは基本的にあり得ません。

オファーを出している時点で広告費がかかっていますし、
その出費分を取り戻すために商品を販売する必要があります。

しかし実際に購入する人数の割合が少ないため、
商品の金額は非常に高額なものになっています。

故にこの無料オファーにおいても、
セミナーの最中で高額案件が打ち出されることが予想されます。

そして先ほど説明した通り、
特定商取引法に基づく表記の表記不足での
信頼感の不足を無視することはできません。

たとえ無料だったとしても、
このオファーに参加することは僕はお勧めしませんね。

無在庫転売自体のリスクとは?

また、今回の無料オファーで紹介されるであろう無在庫転売。

ランディングページではリスクゼロと書かれていましたが、
実際にはゼロではありません。

無在庫転売のノウハウ自体はその名の通り在庫を持たず、
先にヤフオクやメルカリで販売が確定してから
仕入れを行うというもの。

購入されてから仕入れるため在庫を持たないのが一番の特徴ですね。

しかしまず、購入されたにも関わらず
仕入れようとした商品の在庫が仕入れ先でなくなってしまい、
仕入れられない可能性がリスクとしてあります。

そうなると販売者都合でのキャンセルをすることになり、
アカウントの評価が下がりますよね。

そしてそれが積み上がって行くと
自分のアカウントが低評価に判断されて
出品している商品が全く購入されないということになりかねません。

そうすると利益を出すこと自体が難しくなってきます。

 

また、それとは別の問題で、
仕入れ値が高騰した時に仕入を行うと、
差し引きで赤字になる可能性もあります。

出品した時点の金額と、実際に仕入れを行う時になった時の
金額の差が利益ではなく出費に傾くことがあるということですね。

以上のように無在庫転売は一見すると魅力的な方法に見えますが、
実際にはリスクもそれなりにあるものなんです。

無在庫転売のリスクはアフィリエイトなら解決できる

それに対して僕のブログで紹介しているアフィリエイトでは、
今お話ししたような無在庫転売のリスクを負う必要はありません。

アフィリエイトにはそもそも仕入れという概念がありません。

あなたは特定の会社や個人が販売している商品を
紹介して販売する立場ですから、
特定の商品を仕入れるという行為自体がないわけです。

またアフィリエイトをするときも
特に登録料のようなものは必要なく、
紹介した商品が購入された場合に報酬が支払われます。

言い換えると赤字になるリスクが存在しないということ。

そしてアフィリエイトはあなたが記事を書いて
アクセスを集めることで利益が出ますが、
この記事を書けば書くほどアクセスが集まり、
最終的に自動で利益を出せるようにもなります。

アフィリエイトについての詳細は次の記事をご覧ください。

結局、無料オファーは詐欺案件ばっかなの?

今回の記事を読んで、

「結局無料オファーなんて全部ダメなやつばっかなんじゃないの?」

という疑問を持たれたかも知れません。

そこで今回無料オファーの現状とその裏側の仕組みについて
まとめた記事を書きましたので参考にしてみてください。

無料オファーの全体像を知るにはこちらをクリック

 

この記事を書いた人: つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの自己紹介記事はこちら

アフィリエイト&コピーライティングで
あなたが月収100万円を実現するための
具体的な方法を学べるメルマガはこちらをクリック