コピーライティングレボリューション(関口智弘)をレビューした結果…

Pocket


こんにちは、つかさです。

今回はコピーライティングレボリューションという
情報商材についてお話しをしたいと思います。

コピーライティングレボリューションとは?

この商材は名前からも分かるように
コピーライティングを扱ったものになっています。なんですが、

この商材に関しては内容を見るまでもなく、
セールスレターから販売者のスキルというのは推測ができます。

コピーライティング教材のコピーを見れば内容が分かる。

現在ネット業界で販売されて情報商材のいくつかは
5億円コピーライターさんや宇崎恵吾さんのようなコピーライターが
販売者の代理でセールスレターを書いています。

そして僕自身も5億円コピーライターさんのコンサルで
今まさにセールスレターを書いているところです。

参考記事①: 宇崎恵吾さんThe Million Writingに続くバックエンド商品の正体は?

参考記事②: 僕が受けている5億円コピーライターのコンサルサービスの全貌とは?

そのため販売されている商材の内容は
セールスレターの質の高さから推測できない場合が時々あります。

しかし、コピーライティング教材となると
自身の教材の質を示すために販売者本人が書いているはず。

なのでこのコピーライティングレボリューションに関しては
セールスレター自体の出来栄えで、
商材の内容の質も分かるはずだと僕は判断しました。

セールスレターを見ると、どうにも商材の内容は期待できない。

では実際に商材のセールスレターを見て
僕がどんな印象を持ったかというと、
十中八九この商材を買う価値はない、ということでした。

そう考えた理由を説明させてください。

ヘッドコピーが存在しない!?

もしあなたが少しでもコピーライティングを学んだことがあるなら、
セールスレターやランディングページには読み手の興味を引くために
強力なヘッドコピーを書く必要があるというのはご存知だと思います
(ヘッドコピーというのはレターの最初に表示される見出しのことです)。

このヘッドコピーをいかに強力にするかで
訪問者、すなわち読み手がレターに興味を持ち、
その先の文章を読み進めるかが決まります。

逆にヘッドコピーが効果的なものでない場合、
レターの一番最初の時点で訪問者はページを閉じることになります。

以上のような重要な役割を占めるヘッドコピーですが、
なんとこの商材にはヘッドコピーが実質存在していません。

ページを開いた時に訪問者の興味を引くような
コピーが書かれていない、ということです。

その代わりにページの最初に表示されているのが、
次のキャプチャのような「無料プレゼントのお誘い」として、
無料オプトインへの誘導を行う見出しです。 

無料ということを打ち出して興味を図っているようですが、
商品を販売するレター上でこのような無料オプトインを紹介するのは
ただただ反応を下げることにしかなりません。

まず第一にヘッドコピーの代わりにオプトインの紹介をすることで、
そのレターの趣旨が分からなくなってしまいます。

ヘッドコピーがなく興味をそそられない上に
無料オプトインの紹介をされることによって、
もはやそれが商品を販売するセールスレターであることが
分からなくなってしまうという訳です。

それに加えて致命的なのが、
有料商品を販売するレターにおいて、
無料の行動を促す選択肢が与えられているという点。

同じページに無料で手に入るものと
有料で手に入るものの二つが示されていたとしたら、
ほとんどの場合は無料のものを手にするはず。

これは考えていただければ分かることですよね。

行動するための壁としては、
無料よりも有料の壁の方が高いことは感覚的に分かると思いますが、
このレターではそれを無視しています。

それで反応がガタ落ちしていること、
裏を返せばこの問題を解消することでより高い反応が得られることを
販売者は理解できていないんです。

コピーライティングレボリューションを買う必要は無し。

以上、コピーライティング教材である
コピーライティングレボリューションの
セールスレター上における欠陥についてお話しさせていただきました。

今回はヘッドコピーについてのお話しかしませんでしたが、
サブヘッドについてや追伸などの他の部分に関しても
突っ込みたい部分は山ほどあります。

ただ、セールスレターにおいて重要なパーツである
ヘッドコピーに関する指摘をすれば、
僕の主張を十分理解していただけると思います。

結論としては「この商材を買う必要はない」ということに尽きます。

その代わりに僕がお勧めしたいのはやはり
5億円コピーライターを師匠に持つ宇崎恵吾が販売している
The Million Writingですね。

代金に関してはコピーライティングレボリューションの1万円に比べて
The Million Writingは3980円という半分以下の価格です。

それにレビュー記事で書かせていただいているように、
内容については折り紙つきですから、
こちらは自信を持ってお勧めできる教材ですね。

The Million Writingの詳細はこちらをクリック

あるいはThe Million Writingがセットで実質無料で手に入る
Copyrighting Affiliate Programを手にするのもいいでしょう。

The Million Writingをベースにして、
実践的なブログメルマガアフィリエイトのノウハウを提供していて、
かつ販売者と師匠の5億円コピーライターのコンサルも付いています。

コピーライティングに合わせて確実に結果を出したい場合は
Copyrighting Affiliate Programの購入をお勧めします。

Copyrighting Affiliate Programの詳細はこちらをクリック

まとめ

今回のお話は以上です。

  • コピーライティングレボリューションのレターのクオリティから考えて、
    この商材を購入する必要はない
  • あなたがコピーライティング教材の購入を検討しているのなら、
    The Million WritingあるいはCopyrighting Affiliate Programの
    どちらかがお勧め

ということに付いてお話しさせていただきました。

それでは、ありがとうございました。