あなたがブランド物を欲しいと思う本当の理由と僕のブランド失敗談

Pocket


こんにちは、つかさです。

今日は「ブランド物」について考えてみたいと思います。

多くの人にとっての憧れである、ハイブランド。

それを手に入れることで、憧れのステータスが手に入ると多くの人は信じています。

あなたもきっと、例外ではないのでしょう。

でも、それはなぜなんでしょうか。

特に日本人はそう言った「憧れのもの」を好む傾向が強いと言われています。

もしあなたがそんなものを現在進行形でたくさん持っていたり、
「欲しい」と思っているのなら、ぜひこの記事を読んでください。

あなたがそれを求める心理と理由について、今日は考えてみましょう。

なぜあなたはブランド物を求めるのか?

最初に結論を述べます。

全てはメディアによって仕掛けられていて、
あなたはそれに踊らされているということです。

これは、僕がアフィリエイトによるビジネスを始めてからちゃんと理解できたことですが、
あなたや僕はあらゆる広告のイメージによって動かされています。

そして、それが全てです。

雑誌を開くと、広告が目に入りますね。

ビジネス雑誌、ファッション雑誌、趣味雑誌。

なんでも構いませんが、成功者に見えるモデルや俳優たちが
持っていたり身につけているものがカッコよく見える。

次第にあなたはページに写っている

  • 「理想の成功者」
  • 「ファッショナブルな彼」
  • 「おしゃれで粋な彼女」

みたいになりたいと思うようになります。

そしてそれを実現するために、そこに写っている商品を手に入れたいと思い、
購入するというわけです。

高額な価格設定で「憧れ」を抱かせてあなたに買わせる。

これが全ての戦略であり、目的です。

ある意味アフィリエイトにおける高額塾と似たようなところがありますね。

高い金を出して気持ちだけは満足させる。

そして結果が出なくても「頑張ってお金を出した」から満足、という原理ですね。

ブランド物に踊らされた僕の体験談。

実は僕にも、ブランド物を数百万円単位で買っていた時期があります。

ルイヴィトンのアタッシュケースとトランクを買ったし、
エトロというイタリアの10万円以上するスーツ、
それと同じくらいの価格のアルマーニのバッグやクラッチだって買いました。

一番上のやつなんて、それだけでほぼ3桁万円です。

びっくりしますよね。

今思い返すと、自分でもびっくりするんですから(苦笑

でも僕がそれを実際に使った回数は、両手で数えられるくらいです。

なぜ?

「もったいない」

と思ってしまうから。

「こんな高い金を払って手に入れたものを使いまわしてボロボロにしてはいけない」

そんな訳のわからない心理が働いているんです。

その結果、僕の家には実用性のないゴミが溢れかえることになってしまいました。

今はもうそういうものは買っていません。

もちろん当時買ったものの中で、今でも日常的に使っているものもありますが、
少なくとも80%は必要ないものだということに気づいてしまったんです。

そして、今ではそのほとんどは売り払ってしまいました。

ユニクロでもいいんじゃない?

今、僕は服に関してはほとんどをユニクロにしています。

なぜなら、質がそこそこいいから。

この「そこそこ」というのがポイントで、高級服には確かに勝てないけど、
日常生活においては全く不便がなくむしろ便利です。

そして何より変なイメージを抱くことなく買ったものだから、毎日使うことができる。

パンツを履き潰すみたいなことも平気でできます。

ここで僕が一つあなたに提案したいのは、
ブランド物じゃなくてもいいんじゃないですか?
ということ。

一般人であれば、安価な服で十分な生活ができます。

そして、精神的にも経済的にも無理をする必要がありません。

「でも、質の低いユニクロを着るのって恥ずかしくない?」

そう考えるのは自由ですが、
実を言うとそれすらも、一つのメディアによるブランド戦略なんです。

なぜ、ユニクロではいけないのか?

なぜ、ユナイテッドアローズやビームスではいけないのか?

そこをもう一度、考えてみてもらえれば幸いです。

もし買うなら現ナマか一括払いで。

散々話してきましたが、僕はブランド物自体を否定しているわけではありません。

お店にもよりますが、本当にいい商品を作っているところもあります。

それを機能性に関しての価値を感じて買うのなら、僕は何も言いません。

あなたがそれを欲しいのではなく必要だと思うのなら。
でも、もしあなたがそれを「無理して」買おうとしているのなら、
「頑張って」買おうとしているのなら、僕はそれに待ったをかけたいんです。

そして、これだけは言わせてもらいたい。

あなたがもしブランド物をユニクロを買うような感覚で買えるくらい、
豊富にお金があるのなら僕は何も言いません。

でも、あなたが寂しいお財布と相談しながら、
分割払いやリボ払いをして限定のアイテムを買おうと考えているのなら、
一度考え直してもらいたいんです。

まず、自分がそのアイテムを求めている理由を一度立ち止まって考えてみてください。

あなたがそれを買う理由は、なんでしょうか。

商品を買うこと自体が目的になってはいませんか?

これはあくまで僕の意見ですが、
何かを買う基準を「欲しい」かどうかで決めるのではなく、「必要かどうか」にするといいでしょう。

欲しいものはその時、瞬間的な気持ちが入り込んでいることが多く、
必要なものはあなたの生活を向上させていくものであるからです。

最後に

もしあなたがそれでも欲しいと思うのなら、
そこに関して僕が言えることは何もありません。

でも、一つだけ手伝えることがあります。

僕はあなたに、少なくともブランド物くらいは何も心配しないで一括で購入できるくらい、
自由に収入を手に入れる方法をお話しすることができます。

それによって少なくともあなたは、
何かを買うときに値段を気にする必要がなくなるってことです。

その具体的な方法は僕のブログとメルマガでお話していますので、
ぜひ読んでみてください。

それでは以上です、ありがとうございました。

Pocket


いつも応援ありがとうございます!

僕の記事がお役に立てた時は、是非ブログランキングボタンを押してくださいね。

クリックしてブログを応援する!