成功哲学の目標設定は悪影響でしかない!?その理由と解決方法とは?

Pocket


ちまたの成功哲学では、

「大きな目標を立てて、それを強く意識しましょう。
そうすればその目標は自然に実現されます」

ということが語られています。

しかしこのやり方は目標実現には効果がない、
というよりもむしろ逆効果になるということが判明しています。

今回はこの大きな目標を立てることの悪影響と、
その解決策についてのお話をさせてください。

大きな目標はあなたのモチベーションを低下させてしまう

目標設定そのものには色々と問題があるんですが、
今回は「達成できなかったときのモチベーションの低下」
について考えていきたいと思います。

まず大きな目標を掲げること自体は問題ではありません。

しかし大きい目標を立ててそれが達成できなかった場合、
その「達成できなかった」という結果が悪影響を及ぼすことになります。

どういうことかというと、

「目標を立てたのに達成できなかった自分は
なんてダメなやつなんだろう…」

ということを考えて自己嫌悪に陥り、
強いストレスを感じたりモチベーションが下がってしまうんです。

例えばアフィリエイト

「月収100万円を3ヶ月で稼ぐ!」

という結構大きめの目標を立てたとしましょう。

しかし実際に3カ月ほど経って思うような結果が
出せていないとしたらどんなことを考えるでしょうか。

「やば、全然結果出てない…
自分にはアフィリエイトで稼ぐことなんて無理だったんだ」

と考えることになります。

そしてその考えが大きくなり、

「自分はアフィリエイトで稼ぐ力なんて無い」
と考えてアフィリエイト自体をやめてしまうことになる、

ということですね。

行動の結果である目標達成を操作することはできない

なぜこのようなことになってしまうのかというと、
「目標を自分で操作できること」だと
勘違いをしてしまう点に原因があります。

目標はあくまで何かの行動を起こした結果でしかなく、
それを直接操作することはできません。

例えば今の「アフィリエイトで月収100万円」という目標は

  • ブログを開設する
  • アフィリエイトリンクを取得する
  • 記事を書いて商品のアフィリエイトリンクを設置する

などの作業を繰り返した時に初めて実現できるものです。

にも関わらずこの具体的な行動をすっ飛ばして

「俺はこれ(大きな目標)を実現する!」

ということだけを考えると?

その道のりとなる具体的な行動が伴いませんから、
目標を達成するために条件を満たすことはできません。

そしてまるで自分が目標を実現できないような
どうしようもない人間だと考えてしまうんです。

成功哲学本は決定的に「説明不足」である

成功哲学本の「大きな目標を立てなさい」という話は
今の話を考えると間違った話をしているということになります。

とはいえ全てが間違っているわけでもありません。

というのは、あのような成功哲学で成功している人は目標を立てた後、
頭の中で「具体的な行動」を一緒に考えています。

そしてその行動を毎日のように実行した結果として、
目標を達成しているんです。

例えば僕がコンサルを受けている、5億円コピーライターさん。

彼は成功哲学を語っているわけではありませんが、
そのやり方は今言ったような方法で成功を掴んでいます。

彼は「自分のコピーライティングスキルを高めるため」に
毎日のようにコピーを書き続けた結果、
あのような年収を手にすることができたとセミナーで語っていました

つまり5億円のような大金を稼ぐことだけを考えたのではなく、

  • ネットビジネスで大金を稼ぐ
  • そのためにはコピーライティングスキルを高める必要がある
  • そのためにはコピーを書く必要がある
  • コピーを書くと言う行動を起こそう

と言う論理的に考えた上での行動を起こした結果として
5億円のような金額を稼げるようになったということですね。

参考記事: 5億円コピーライターが稼ぎ続けている方法とその本質について

つまり目標はあくまで「材料」であって、
それ自体が重要ではないということです。

にも関わらず、本にはそれが書かれていません。

おそらくわざとではないとは思いますが、
そのことが書かれていないからこそ
成功できない人が続出してしまうんです。

成功のための正しい目標設定とは?

この「大きな目標を設定すると悪影響である」
という問題の解決法としては、
「目標を材料にして具体的な行動を立てる」のがベストです。つまり、

  • 目標を立てる(非現実的なものではなくなるべく現実的なものの方が望ましい)
  • その目標を実現するために必要なこと(目標や条件)を考える
  • それらを実行するために必要な作業を細かく立てていく
  • その行動を実行する

という順序で考えることで
目標をより具体的な行動として考えることができ、
それを達成するための行動が取れるようになるという事ですね。

大きな目標を立てることは魅力的ではありますが、
それが実現できなければ何の意味もありません。

立てた目標を実現するために、
具体的な行動を起こせるようにしていきましょう。

それでは今回は以上です、ありがとうございました。

この記事を書いた人: つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの自己紹介記事はこちら

アフィリエイト&コピーライティングで
あなたが月収100万円を実現するための
具体的な方法を学べるメルマガはこちらをクリック