ポジティブな習慣を増やしていくことの強さ

Pocket


自己嫌悪に陥っていました。

インターネットビジネスでも勉強でも恋愛でもなんでもいいのですが、全てにおいて重要なのは行動を起こせるかどうか、ということに尽きます。

この1週間僕は少し自分のことが嫌いになっていました。なぜならブログを書くからといっていつまでたっても新しい記事を投稿することができなかったから。

下書きはたくさん書いたのですが、どうも男性的な論理性を保とうとすると、いつまでも完成しないのです。「この部分ってロジックがおかしいから批判されちゃうかも」「こんなので投稿してもいいのかな」って。

でも、それって自分にとってもあなたにとってもいいことがないんですよ。なぜなら書いているものが世に出されないから。

批判を受けることは全く悪いことではありません。現代において批判というと頭ごなしに相手を否定するような印象を受けますが、ドイツの大哲学者カントは批判とは真理探究のための行為であると言いました。

であれば、ロジックの正しさとか文章の綺麗さとか考える前にまずは文章を書いて公開してしまえばいいのです。大学の論文と違って正しく証明できていないからといって単位がもらえないわけではないですしね。

そして批判を受けてみればいいんですよ。そうすれば「ああ、私の記事を読んでくれる人はこういうところを気にしているのか」という気づきが得られます。一人で完璧なものを目指すよりも読者との共同作業を行うイメージですね。

去年から和佐さんと木坂さんのラジオをずっと聞いていますが、あれなんてロジックも何もないです、ただ二人が話したいことを話してるだけ。それでも再生数は数千回を超えているし、ビジネスとして成り立っています。論理性を、つまり完璧性を重視したからといって、それがビジネスとして成功に直結するわけではないってことです。

なのでまずは僕もこの記事を投稿することにします。文章の完璧さよりもビジネスとしての歩みを進めます。

ポジティブな習慣を増やしていくことの強さ

毎日2000文字の記事を1ヶ月かけば30記事になります。1年続けたら?365記事です。これって実は膨大な量で。チリも積もれば山となるなんて聞き飽きたことわざがありますが、これは真理だと僕は考えています。

最近僕は日々の日課として

  • 5時に起床する
  • 起床後筋トレ
  • ランニング
  • ブログに記事投稿

などなどを掲げています。ブログに関してはさっき書いたようにできていませんでしたが、5時起床と筋トレ、ランニングは欠かさず続けています。(僕がどうやって日課をさぼらずに実践しているかについてはまた説明しますね。)

これを毎日続けたらどうなると思いますか?とんでもない資産になります。ブログだけで考えても、毎日記事を作り続ければ単純にコンテンツの量が増えますから、あとはそれを程よい順番と内容でまとめれば自動メルマガが出来上がっちゃいます。

個人的には複利の感覚が強いですね。脳の神経細胞のネットワークが多ければ多いほど頭脳は良いですが、コンテンツの数が多ければ多いほどそれらがネットワークされて新しい価値を生み出していきます。

行動を続けていればそれがいつの間にか自分の強みになっていきます。仕事なんかはすごくわかりやすい例で、毎週五日間8時間ずつやっているのですから、それはとんでもない自分の強みになっています。もちろんそれを個人的なビジネスとして用いるのであれば、正しい形で活かすためのアイデアは必要ですけどね。

追伸

この記事はほんの30分程度で書き上げることができました。昨日まであれだけ悩んでいたのが嘘みたいで少し笑っちゃいました。でも、最初はこれでいい。まずは行動を起こすことです。

 

Pocket


いつも応援ありがとうございます!

僕の記事がお役に立てた時は、是非ブログランキングボタンを押してくださいね。

クリックしてブログを応援する!