フェニックス-全自動更新型ポータルサイトシステム(柴野雅史)の特典付きレビュー

Pocket


こんにちは、つかさです。

今回はタイトルにあるように、
完全自動更新型ポータルサイトシステム教材、
Phoenix(フェニックス)についてのレビューを行なっていきたいと思います。

基本的に僕はアフィリエイトにおいては、
自分独自のコンテンツを作ることを第一に考えています。

それは単なるパクリサイトやまとめサイトを
あくせく働いて量産することに意味を感じないから。

自分の言葉で、自分の文章で、自分のブログで商品を紹介していきたいと思い、
こうやって記事を書き続けています。

そうすることで、自分の時間あたりの生産性や価値を最大化できると考えているからです。

ただし、これは自分で作業をしなければいけない時に限った場合。

完全に自分の手を離れるノウハウに関しては、
僕は比較的肯定的な立場をとっています。

初期設定を済ませた後には全て自動で記事を更新して、
自動でアクセスを集め、自動で利益を出す。

このような自動化ノウハウは自分の時間を奪うこともほとんどありませんし、
一度システムを構築するだけで利益が出ます。

故にそういったノウハウで優良な教材があればどんどんお勧めしますし、
やっていきたいと考えています。そんな、

「自動でサイトを構築し、半永久的にコンテンツを追加・更新し続け、
収益すらも自動で生み出すノウハウ」として非常に有効だと感じたのが、
このフェニックスという教材でした。

フェニックスの内容は?

まずフェニックスのノウハウを3つのステップとして説明すると、

  • ポータルサイトと呼ばれるサイトを簡単な操作で構築し、

  • その後のコンテンツ量産作業はプログラムを利用して量産し、

  • 全自動で集客と収益化を実現する

というものです。

つまりポータルサイトとアフィリエイトの設定を行ったあとは、
全ての収益化の仕組みが自動で構築されるノウハウだということです。

では、このタイトルにも含まれている「ポータルサイト」とはそもそもなんでしょう?

ポータルサイトとは?

ポータルサイト (portal site) は、WWWにアクセスするときの入口となるウェブサイトのこと。

元々ポータルとは、港 (port) から派生した言葉で、門や入口を表し、特に豪華な堂々とした門に使われた言葉である。

このことから、ウェブにアクセスするために、様々なコンテンツを有する、巨大なサイトをポータルサイトというようになった。

入口、玄関という意味でエントランス(entrance)を使わなかったのは、ポータルには「豪華、堂々とした」という意味合いが強かったためと思われる。

Wikipedia – ポータルサイトより引用

とWikipediaには書かれています。

つまり、ユーザーがインターネットを利用する際に表示される、多くのコンテンツを持つ最初のページということですね。

有名なポータルサイトを挙げてみると、

  • Yahoo!Japan
  • MSN
  • excite
  • MSN Japan
  • goo
  • livedoor

などがあるでしょう。

1点補足。検索エンジンとポータルサイトの違いって?

細かい部分の補足ですが、

「ポータルサイトと検索エンジンって同じなの?」

と、もしかするとあなたは疑問を持たれるかもしれません。

答えから言うと、二つは別物です。

ポータルサイトは検索エンジンを「含むことがある」、
様々なコンテンツの集合体のこと。

それに対して検索エンジンは、
ネット上に無数に存在するコンテンツや情報を検索する機能(プログラム)のことです。
言い換えると、

  • ポータルサイトはサイトの運営者が
    「このコンテンツは自分のサイトのユーザーに必要なものだ」
    と判断したものが並べられたサイトで、

  • 検索エンジンは
    「ユーザーが自由にコンテンツを検索することができる」
    ような機能を持つもの

という違いがあります。

分かりやすいところではYahoo!Japanがポータルサイト、
googleが検索エンジンの機能だけを持ったサイトですね。

ただしYahoo!Japanではポータルサイトのコンテンツに加えて
検索エンジンの機能も備わっていますから、
「検索ポータルエンジン」と言う言い方もできるでしょう。

具体的なポータルサイトの運営方法は?

さて、少し脱線してしまいましたので本題に戻ります。

要するにフェニックスのノウハウは、
Yahoo!Japanやgoo、msnといった多くのコンテンツを持ったポータルサイトを
あなた一人で構築することができるようになるものだということです。

では、具体的にはどのようにポータルサイトを運営し、
収益化を実現するのでしょうか。

冒頭でお話ししたステップのうち、

  • コンテンツの自動生成

  • 集客と収益化の実現方法

について説明しますね
(サイトの構築は手動での構築になりますし、
単なる機械的な作業に過ぎませんから解説する意味は薄いと思います)。

コンテンツの自動生成の裏側

分かりやすくするために、
大手ポータルサイトの一つであるmsnを例に解説していきたいと思います。

基本的には大手のポータルサイトと、
フェニックスであなたが知れるポータルサイトの運営方法には
ほとんど違いがないと僕は考えていますので、
馴染みのあるポータルサイトで説明をすることでより理解してもらえると思いますから。

さて、それではmsnのトップページを見てみましょう。

最初にトップニュースの一覧が表示されています。

そしてこれらの記事一つ一つが、
ポータルサイトmsnのコンテンツということですね。

ここで記事タイトルの下、
あるいは右側に表示されているアイコンに注目してください。

産経新聞や朝日新聞、毎日新聞といったニュースサイトのアイコンが並んでいますよね。

これは実は、「記事元のサイト」を表しています。

あなたの勘がよければ、この時点で気づいてしまうかもしれませんね。

そう、今結論を言ってしまうと、
実はポータルサイトは他のサイトの良質なコンテンツを
プログラムで自動で集めて自分のサイトのコンテンツにしているのです。

### ポータルサイトの各コンテンツはそれぞれが引用で成り立っている。

さて、もう少し細かい部分を見てみましょう。

記事の本文を比較してみると、
ポータルサイトがどれくらいの割合で
他サイトのコンテンツを利用しているかを理解してもらえますから。

msn側ニュースの個別記事と、引用元の記事を見比べて見ましょう。

今書いている時(2017年3月時点)のタイムリーな記事として
韓国の朴槿恵大統領の逮捕についての記事を見てみることにします。

まず、msn側の記事本文がこちら。

【ソウル=名村隆寛】韓国のソウル中央地裁は31日未明、
収賄容疑などで朴槿恵(パク・クネ)前大統領(65)の逮捕状を発付した。
検察は直ちに逮捕した。
13件の容疑が持たれている。
大統領経験者の逮捕としては1995年の盧泰愚(ノ・テウ)、
全斗煥(チョン・ドゥファン)両氏に続き、3人目となった。
ソウル中央地裁は、朴容疑者の逮捕状を発付した理由について
「証拠隠滅の恐れがあり、逮捕の理由と必要性、相当性が認められる」とした。
msn「朴槿恵前大統領を逮捕 韓国検察」より引用

そして、こちらが引用元の産経新聞の記事。

【ソウル=名村隆寛】韓国のソウル中央地裁は31日未明、
収賄容疑などで朴槿恵(パク・クネ)前大統領(65)の逮捕状を発付した。
検察は直ちに逮捕した。
13件の容疑が持たれている。
大統領経験者の逮捕としては1995年の盧泰愚(ノ・テウ)、
全斗煥(チョン・ドゥファン)両氏に続き、3人目となった。
ソウル中央地裁は、朴容疑者の逮捕状を発付した理由について
「証拠隠滅の恐れがあり、逮捕の理由と必要性、相当性が認められる」とした。
産経新聞「朴槿恵前大統領を逮捕 韓国検察」より引用

…気づきました?

これ、文章が一字一句違わないんですよ(笑

記事タイトルが一緒、記事の中身も一緒。

そう、少なくともポータルサイトのそれぞれの記事そのものは、
100%が引用で成り立っているんです。

トップページをスクロールすると分かりますが、全ての記事には引用元があります。

もっと言ってしまうとmsnのコンテンツのほとんどは引用であり、
他サイトのコンテンツの引用で成り立っているサイトだということ。

そしてこの他サイトのコンテンツの引用・利用によるポータルサイト構築を
自動化するのがフェニックスのノウハウのコアなのです。

自動更新コンテンツで集客を実現

次は集客の話に入っていきましょう。

集客に関しては大手ポータルサイトもフェニックスを使ったポータルサイトも同じです。

基本的に自動で更新・追加されていくコンテンツを求めてユーザーが検索をして、
検索エンジンからアクセスが集まってきます。

また時事ネタのニュースや芸能ネタはそれぞれの記事が
トレンドアフィリエイトのように爆発することもありますから、
記事がSNSなどで拡散されれば、一時的にアクセスの量が増加することもあります。

フェニックスにおいてはアクセスに関するノウハウを教材の中で説明してくれています。

以下はフェニックスのレターで言及されている方法の一部であり、
これらの方法によって検索エンジン以外からも多くのアクセスを集めることができます。

・検索エンジンに左右されずに自動更新される度にアクセスを集める方法とは?
検索エンジンとかSEO対策に左右されず更新の度に入り口が増えて、
アクセスが集まる仕組みを作る為の方法とは?
これさえ確率していけば、どんどんあなたのサイトには、アクセスが流れ込んできます。

・無料ツールを使い、実質コピペ作業でアクセスを集める方法
お金も使わず時間も使わず、作業も殆どコピペの繰り返し程度で
同じく更新と同時にアクセスアップを自動ではかれる方法です。
ただ、リンクを貼るとかでなく、自動で動き続けて、
アクセスが集まる仕掛けを作る事が可能です。

・「これだけは、やれば大きい」SNS連携方法
この方法は、有名アフィサイトや新聞社やTV局も使っている
効果が目に見えて明確な手法です。
一度サイトが自動化モードになっていれば自動でアクセスを取り入れていく事が可能です。

・SNS連携で初期段階からアクセスを増やし続けていく方法とは?
多くのノウハウでは、「検索」が一般的ですが、
私が教える方法は、少し違った方法、及び戦略です。
どうせなら僅かな作業で少数でもしっかり、
質の高いアクセスが集まり続ける仕組みを構築しましょう。

・無料でも拡散能力を強める自動ツールの存在とは?
SNSでアクセスを集めるには、高いツールが必要だと勘違いしていませんか?
私が紹介するものは無料ツールで必要最低限の機能は、全て網羅されています。
お金を使わずに 自動でアクセスが集まる仕組みを構築して、最大限に活用して下さい。

・実は意外と知られていない、「はてぶ」を活用した戦略とは?
手軽に取り組める,「はてな」を活用した、アクセス流入方法をお伝えしていきます。
もちろん経費も必要なく無料で活用できます。

・アクセスも報酬も簡単なコピペ作業メインで増やせるサービス、そして使い方とは?
この手法を使えばアクセスアップと報酬アップにも繋がりますし
その効果とは裏腹にコピペメインの簡単な作業で導入できます。
この方法は、もはや使わない手は無い筈です。
是非、収益増加アクセス増加に活用して下さい!

キャッシュポイント

そして最後の収益化、利益を生み出すキャッシュポイントの話です。

先ほどのmsnの画像をもう一度見ればお分かりいただけると思いますが、
検索バーの下とサイドバナーにある三菱東京UFJ銀行のバナーが広告になっています。

ユーザーがこのバナーをクリックすることで、ご存知の通り利益が発生します。

また、こちらはフェニックスで構築した実際のポータルサイトですが、
同じようにサイドバナーにアフィリエイト用の広告がありますよね。

このバナーから商品サイトに移動して購入をする、
あるいは単純にクリック報酬型のバナーをクリックしてもらう。

これらの方法によって、ポータルサイトにおける収益化が可能なのです。

以上のコンテンツの自動生成と極めてシンプルな収益モデルこそ、
フェニックスによるポータルサイトの仕組みなのです。

フェニックスのメリットとデメリット

以上がフェニックスを使ったポータルサイトの収益化の全体像。

このようなノウハウを学ぶことのできるフェニックスを実践する際のメリットとデメリットがこちらです。

メリット

サイトの構築と設定を行えば、それ以降の作業は自動で行われる

フェニックスのノウハウのコアな部分は、
やはりコンテンツが自動で更新されていくということ。

あなたがしなければならない作業は、
最初のポータルサイトの構築と設定がほとんどです。

自分で記事を書く必要がない

このメリットはつまり、
あなたが記事を作るという作業をスキップできるということです。

アクセスが集まるか集まらないかわからないような記事を作り続ける必要もないし、
もはや記事を作る、ということを意識する必要すらなくなります。

トレンドアフィリエイトやブログアフィリエイトのように毎日の記事の更新に追われることがない

それ故に、記事の更新をサボった時の罪悪感や
「アクセスが増えないで稼げなくなる」という
ストレスや不安から解放されることができるでしょう。

アフィリエイトに使える時間がなくても問題ない

もしあなたが仕事や学校が忙しくて
アフィリエイトの作業ができるような時間がほとんどなくても大丈夫です。

もちろん最初のサイトのセッティングは必要ですが、
それ以降はプログラムによって自動で行われますから、

あなたはサイトが自動で更新され、
収益が発生しているのを確認するだけでいいのです。

時間ができるので他の作業ができる

もしあなたが他のジャンルのアフィリエイトをしているのなら、
そちらに使える時間が減ってしまうことはありません。

フェニックスで作ったサイトは完全放置で、
僕のように自分で文章を書く作業に専念することもできるのです。

その間にも、フェニックスで作ったサイトは自動で更新され、
利益をもたらしてくれるのですから。

例えばブログメルマガアフィリエイトとの組み合わせによって、
利益をさらに増やすこともできるでしょう。

サイトを量産すればするほど収益が増える

フェニックスで作れるサイトは一つだけではありません。

ブログテンプレートを使い、
自動で好きな数だけポータルサイトを作ることができますから、
ポータルサイトを作るという作業に専念すれば、
倍々ゲームで利益が増えることになるでしょう。

デメリット

ライティングスキルは向上しない

ただし、冒頭でもいったように最初のサイト構築以外に時間がかかるわけではないので、
他の場所やノウハウを使ってスキルをあげればいいと考えています。

そして自分の文章スキルやビジネススキルを上げる必要がない、
と考えているのであればフェニックスを使ってサイトを量産すれば
十二分に収益を上げることができます。

まとめ。あなたは鳳凰(フェニックス)を手に入れるべきか?

以上がフェニックスのレビューです。

正直言って、かなり「反則的な教材」が出てしまったなという感想を持ちました。

これまでの自動化ツールと違い、
質の高いコンテンツを自動更新できるフェニックスは、
ポータルサイトのジャンル選定を間違えなければスムーズに収益化まで繋げることができるでしょう。

僕自身としてもあなたに自信を持って進められるノウハウです。

もしあなたが、

  • 手間暇をかけてまで自分で記事を書き続けたくない

  • 一度サイトを作ったら自動でコンテンツが増えていくノウハウを手に入れたい

  • まずはアフィリエイトで安定して収益を出せるノウハウを知りたい

  • アフィリエイトに使える時間が少なく、自動で利益を出せる方法を知りたい

このような考えを持たれているのなら、フェニックスを手に入れて、実践するべきだと僕は思います。

つかさの限定特典付き
フェニックスの購入はこちらをクリック

あなたへの限定特典

つかさ限定特典1「購入者限定メールマガジン」

僕から商材を購入してくれた方にだけ配信している、限定メールマガジンへご招待します。

一般向けメールマガジンではお話できないようなことを配信していきますよ。

つかさ限定特典2「90日間のメールサポート」

加えて、90日間のメールサポートを特典にしました。

テンプレートの使い方やそのほかのセッティング方法など、教材を読んでいて分からない部分が出てくると思います。

そんな時には遠慮なくいつでも質問してくださいね。

購入時の注意

購入確認画面で以下のようにつかさの特典が表示されていることを確認してから購入をお願いします。

表示されていない場合は、僕の特典をお送りすることができません。

つかさの限定特典付き
フェニックスの購入はこちらをクリック