「作業」を「習慣」に変えることは最高の目標達成法だ。

Pocket


こんにちは、つかさです。

今回は僕が考える、
行動の習慣化によって目標を達成する、
という手法についてお話ししたいと思います。

「継続は力なり」という言葉がありますが、
それは一体現実的にはどうやって可能なのか?

具体的な方法について、解説していきます。

冒頭で結論。

今日のお話は少し難しいものになっているかもしれません。

なので、まず先に結論としてあなたが実践していくべき手順を伝えておきます。

  • 一つの作業を継続していくことでそれが習慣になる。
  • その次に新しい作業をすることで、それもまた習慣にすることができる。
  • そうやって習慣をどんどん増やしていくことで、
    エネルギーと時間をできるだけ使わないで作業を進めることができる

というのが結論です。

これを一つずつ、解説していきますね。

習慣を増やしていくことの強さ。

具体的な目標をあげて考えてみましょう。

ブログアフィリエイトで月収20万円を達成したい、
という目標があるとします。

では、この目標を達成するためにすべき作業はなんでしょう?

パッと考えられる作業としては、

  • 集客記事などのコンテンツを増やす
  • コピーライティングを駆使して商品をセールスするレターを書く
  • SNSを使ってブログ以外からアクセスを集めていく

などが考えられますね。

これらの作業を誰よりも早く、
そして多くこなしていくことで利益は増えていくことは容易に考えられますよね。

でも、実際これらを全てやろうとするとなかなか困難です。

全部をまとめてやることは難しい。

ちょっとイメージしてもらいたいんですが、

  • ブログを書くのに1日2時間、
  • コピーを書くのに同じく2時間、
  • そしてSNSを利用してアクセス集めるのに1時間、

それぞれかかるとしましょう。

合計だと5時間の作業です。

こんなに時間がかかる状態では、1日で全てを実行することはおろか、
場合によっては一つの記事を満足に書くことすら難しいですよね。

「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、ああっそれもあったなあ」

って感じで右往左往していると、
結局どれも中途半端なまま1日が終わってしまいます。

それぞれを満遍なくこなそうとすると
それらに対する意識もエネルギーも分散してしまい、
標準以上のクオリティで全部を実行していくのは困難になってしまうんです。

1つ1つを無意識のレベルまで持っていく

そこで僕が有効だと考えているのが、
「やるべき作業を一つずつ、
コストをほとんどかけることなく実行できるようにしていく」
という方法です。

つまり、「基礎が大事」とは
「基礎が解けた」
「基礎を理解した」ではなく
「基礎を解法まで暗記した」
「型を体で覚えた」
という、
「基礎作業の意識コストを限りなくゼロに近づける」
「無意識で出てくる」
レベルの話なわけです。

もちろん、学問だけでなくスポーツでも、アートでも。

teruyastarはかく語りき – 「「基礎が大事」という本当の意味を理解しているか?」より引用

ここで引かせてもらった引用文。重要なのは、
「基礎作業の意識コストを限りなくゼロに近づける」という部分です。

言い換えるとやるべき作業のうちまずどれか一つに専念して、
それを意識もエネルギーもほとんど使う必要がないくらい
スムーズに行えるようになるまで繰り返す、ということです。

それぞれの「作業」を単なる「習慣」にしてしまおう。

ブログの記事を書くのであれば最初はちゃんと意識しながら、
ブログ記事を朝の決まった時間に書くようにします。

それを続けていると、
いつの間にか朝にブログ記事を書くことが単なる習慣の一つになってきます。

行動が習慣化されたということは?

それを意識しなくてもできるようになった、ということですよね。

お風呂に入ったり歯磨きをするのと同じくらい、
自然な気持ちで動けるようになるんです。

こうしてブログ記事を書くという作業は
もはや書こうと考えることなく書けるようになります。

記事が書けるようになれば、次にコピーライティングですね。

コピーライティングにおいてはそれぞれのライティングスキル、
一つ一つのテクニックを自然に文章の中に入れられるようになる、
という状態が「意識コストゼロ」の状態だと言っていいでしょう。

例えばミリオンライティングで宇崎さんが語っていた
「7つのキーワードコンセプト」ですね。

最初はもちろん意識してそれらを文章に入れていく努力をします。

あなたも例外ではないですし、僕も、宇崎さんも例外ではありませんでした。

しかし、それを続けることで毎朝のブログ更新と同じように、
自然にそれらをコピーの中に入れられるようになってきます。

「レターの成約率を上げる」ということすら、
単なる習慣の一つになってきてしまうんです。

エネルギーの温存

こうやってそれぞれの作業が習慣になると、
あなたはもはや、「あれとこれと、それもやらなくちゃいけない」
ということを考えることなく作業をこなせるようになっています。

そして、その作業に必要な時間は圧倒的に少なくなっています。

記事を書くのに必要だった時間は2時間から30分へ、
コピーを書くのに必要だった時間は1時間くらいへ。

もちろん内容によって時間に差は現れますが、
少なくとも書ける時間が長くなることはありません。

そしてこの状態になると、
今までの作業に必要としていた時間に余裕ができて、
また新しい作業をする時間が手に入るんです。

僕の場合、最初は1日に1つブログを書くのが限界でした。

もっというと、こだわりが強すぎて1つの記事を書くのに
2、3日かかっていたこともしばしばです。

しかし、今は毎日2記事を書くことができています。

それは他でもなく、この習慣によって温存できるようになったエネルギーと、
効率化されてできた時間の余裕によるものなんです。

今できることをちゃんとやる。

月並みな、ありきたりな言葉で言えば、
「今できることを最大限やる」
ということになるでしょうか。

でも、それを続けていれば最大限の力でやっていたことが
もっと少ないエネルギーと少ない時間でできるようになります。

そうなればもうしめたもの。

あなたはどんどん効率化された作業と
余っている時間を使って新しい作業に取り組むことが可能になる、
誰にも追いつけないスピードで作業をすることができるようになります。

まとめ

今回は以上です。

  • 今できることを一つずつこなしていくことで、
    それが習慣になっていく
  • 習慣化された作業は効率化され、
    作業時間短くなり消費するあなたのエネルギーはどんどん少なくなる
  • より多くの行動を習慣化することで、
    あなたは時間とエネルギーを温存し、
    新しい作業に取り組むことができる

これらのことについてお話しさせていただきました。

それでは、ありがとうございました!

この記事を書いた人:つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの詳しいプロフィールはこちら

つかさが配信している無料メールマガジンとは?