アフィリエイトはもう飽和状態?…本当に?てか飽和の定義知ってる?

Pocket


「アフィリエイトはもう飽和状態に入っていて、これから新しく始めても稼ぐことはできない」

この業界にいる人たちで、こんなことを言っている人がいます。

これって本当にそうなんでしょうか。

幸か不幸か、ぼくはこういうことを聞くとどうしても疑問に思ってしまうんです。

今回はこの「アフィリエイトが飽和している」という主張を考察してみましょう。

アフィリエイトは飽和している?

そもそも飽和しているってどういう状態なのか?

小学校の化学の実験で砂糖水が飽和する状態まで持っていくという実験がありましたが、
もそれと同じことなのでしょうか。

まずは飽和という言葉の定義を見てましょう。

飽和の定義とは?

辞書を引いてみました。

含みもつことのできる最大限度に達して、それ以上余地のないこと。

goo辞書「飽和」より

とあります。

少しわかりにくい表現ですがこの業界に当てはめると、もうアフィリエイトするための余裕が残されていないということですね。

参入者が数え切れないほどいて、あらゆる商品は食いつくされている。

これから商品を紹介しても売れることはなくて、あなたのもとに利益が入ってくることがない。

飽和状態といっている人達はこういうことを主張しているのでしょう。

ブログを書いても思うようにアクセスが取れず、商品が売れない。

メルマガをいくつ書いても読まれず、商品が売れない。

その状態のことを指して言っているのでしょう。

でも…

それ、本当ですか?

僕はこの考えには共感できません。

以下の理由で、アフィリエイト業界全体が飽和することはないと反論します。

  • すべての商品が均等にアフィリエイトされることはない

  • 新しい商品は日々発売されている

すべての商品が均等にアフィリエイトされることはない

仮に、一つの商品を多くのアフィリエイターが紹介しているとしましょう。

ひとつの商品に対して1000人がアフィリエイトすれば、確かにその商品は飽和してしまうかもしれません。

でもそれって飽和するのが「その商品」だけの話です。

すべての商品がそうなってしまうわけではないですよね。

商品によって紹介される頻度も違うでしょうし、好みによっても商品は変わるでしょう。

また、パレートの法則によってもこれは説明できます。

物事には80対20の法則で何かの配分が多く、何かの配分が少なくなるようにできています。

この場合に当てはめると、80%の商品はアフィリエイトされるけど、20%の商品はアフィリエイトすらされていないと言えます。

100%すべての商品が飽和してしまうことは、そう言った法則に反しているんです。

新しい商品は日々発売されている

加えて、毎日のように新しい商品が発売されています。

よく考えてみてもらいたいんですが、その新しい商品は今までアフィリエイトされていたでしょうか?

その商品はこれからそうなってしまうことはあるかもしれませんが、少なくともその時点ではそうなっていません。

新しい文庫本をアフィリエイトしようとした時に、それがどうやってその時点で飽和できるのか?

もし人間が未来を見ることができて未来に発売される商品名が分かるのであれば話は別です。

まあそんな人はいませんし、もしいるとするならロトで好きな番号を当てていればいいでしょう。

 

以上が僕がアフィリエイトが飽和しないと考える理由です。

ひとつの商品が飽和状態に近づくことは確かにあり得ます。

しかしアフィリエイト業界全体が飽和するという事はあり得ないんです。

アフィリエイトは飽和しない。

もしこの業界が本当に飽和する時が来るとしたら、それは新しい商品が一切発売されなくなる時でしょう。

あなたはすでに徹底的に他の人に食い尽くされてしまった、
草原でハイエナに骨の髄までしゃぶり尽くされたような草食動物の死体を目の前にしているような状態になるに違いありません。

でも、現時点の経済システムでそんな状態になることはまずあり得えないです。

アフィリエイトが飽和する時は、そもそもとして僕らの常識である経済システム自体が根本的に変わる時でしょう。

飽和のもう一つの定義

ところで、実は飽和にはもう2つ意味があるんです。

そのうちのもう1つの意味を見たとき僕は失笑しました。

こちらがその意味です。

やっていることに飽きがくること。疲労とは区別される。心的飽和。

引用元:同上

この定義を見たとき僕は理解しました。

「ああ、『アフィリは飽和してる』って言っている人は、そうやって自分が稼げないことに対する言い訳をしているんだな」

って。

その人は結果が出ないことが辛いんです。

そして、それを正当化したい。

そのために、「飽和」という便利な言葉を使って最もらしい言い訳をしているんです。

それは本当に言い訳でしかありません。

新規参入者、後発でもどんどん稼いでいる人がいます。

そしてそういう結果を出す人たちは、何も文句を言わずに黙々と作業をしているものです。

もし今回のようなことを言っている人があなたの近くにいるのなら、こう言ってあげましょう。

「アフィリエイトが飽和してるんじゃなくて、お前の頭が飽和してるんだよ」

と。

 

今回のお話は以上です。

  • アフィリエイトは飽和しない

  • 飽和しているのはそんなことを言っている人の頭

  • 経済システムが変わるまで、アフィリエイトは終わらない

ということをお話させていただきました。

それでは、ありがとうございました。

この記事を書いた人:つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの詳しいプロフィールはこちら

つかさが配信している無料メールマガジンとは?