ブログやメルマガで文章が書けない理由と解決策をまとめました

Pocket


こんにちは、つかさです。

ブログやメルマガの記事、書けていますか?

って聞いてもこのページを見ているってことは、
書けていないということですよね。

今回はそんなあなたのために、
なぜあなたが記事を書くことができないのか、
なぜ作業が進まないのか。

そのパターンと解決策をまとめました。

これを読んで実践してもらえれば
あなたの記事を書くスピードは1.5倍速になり、
1ヶ月あたりに書けるようになる記事の数は10個以上増えることになることを約束します。

あなたが記事を書けないパターン

今回取り上げるのは、

  • 完璧な文章を書こうとしている
  • ネタがない
  • テーマが先取りされている
  • 時間がない

の4つです。

完璧な記事を書こうとしている

まずあなたが陥っている可能性があるのが、完璧を求め過ぎているということ。

いつまでたっても満足できず、公開することができないという状態ですね。

  • 「これ文字数足りなくない?」
  • 「本当にこのテーマと内容でいいのかなあ」
  • 「SEO対策十分できてる?」
  • 「こんなので読んでくれる人を満足させられるのかな」

そんなことを心配しているうちに、結局手が止まってしまう。

そして「こんな文章誰も読んでくれないんじゃないか?」
とさらに疑心暗鬼を繰り返してしまう。

そんな状態になっている場合があります。

ネタがない

次に考えられるのは、文章を書くためのネタがない、ということ。

寿司で言えば、シャリの上に乗せるものがなくて途方に暮れているという状態ですね。

ブログを作ったまではいいけれど、結局何を書けばいいのかがわからない。

分からないから文章を書き始めることすらできない。

スタート地点に立ったけど、ゼロをイチにすることができない、
ということですね。

他の人が先に書いている

あるいは記事を書くときにネットサーフィンをして下調べすると、
他の人が自分が書こうとしているものをすでに書いているのを見つけてしまった。

「先取りされてたら後から書いても意味ないじゃん」

っていう感じで、自分が書く意味はないんじゃないかと
考えてしまうことがあるのではないでしょうか。

時間が足りない

これはあなたにとって大きな悩みのタネになっているかもしれません。

そもそも文章を書くための時間が足りてない、という状態になっていることです。

  • 仕事や学校が忙しい
  • 家のことをしていると文章を書くための時間が作れない
  • なんだかよく分からないけどとにかく時間がない。

時間が本当にない状態では、確かに文章を書くのは難しいです。

以上、まずは文章が書けないパターンについてまとめて考えてみました。

次は僕が考える、その解決策について見ていきましょう。

パターン別解決法

完璧主義者のあなたの場合

完璧なんて無理無理。

完璧主義で悩んでいるあなたは、安心してもらって大丈夫です。

あなたや僕みたいな凡人が、
完璧な文章を書けるわけがないということを理解すればいいんですから。

村上春樹の文章を引用することはもうしません、
ちょっと考えてもらえば十分理解してもらえるはずです。

それでもクオリティを上げたいあなたへ。

とにかくまず「完成」させろ!!
どこまで丁寧に仕事してるんだ?
そんな細部まで完璧にやれといったか?
手触り?
高速、軽量化?
神は細部に宿る?
馬鹿野郎!!
1章だけ100点で、残り9章が0点だったら納品できねーんだよ!!
だいたいそんなスピードじゃ、誰よりも先にお前が飽きるだろ!!!
そんなやる気も感性も鈍った状態で完成にたどりつけるか!!
まず、10点で10章分作れ!!!
teruyastarはかく語りき – 「その完璧主義を叩きなおしてやる!」より

この引用をしたら自分で説明する必要がなくなったので何も言いません。笑

ネタがない

ぶっちゃけ「なんだって書けばいいじゃない」って話です。

悩みすぎなんですよ。

どれくらいあなたが悩み過ぎかいうと、手巻き寿司を作るときに
家に肉や野菜や豆腐とか納豆があるのに
魚が無い魚が無いって言ってうだうだ言っているくらい悩みすぎです。

ネタ、あるじゃんって話です。

ブログのテーマに関連した記事ならなんだって書いていいはず。

本来のブログの趣旨から外れないように注意は必要です。でも、

それがあなたの個性を出していいのなら、
あなたの話だけをする記事の一つや二つくらい書いてもいいんじゃないでしょうか。

また、アフィリエイトブログなら報酬実績を書くことだってできます。

ブログメルマガアフィリエイトなら、
作業内容と、その結果としての報酬額の報告なんかできますよね。

そしてそこに関しての考察と対策を考えた記事を書いてみたらどうでしょうか。

どんな記事を書いたらバズったのか、
なぜこの記事が当たらなかったのか。

そういったことを書けば、それを参考にするアフィリエイターがいるはずです。

ほら、ネタが一つできたでしょ?

他の人が書いている?じゃあそのテーマであなたらしいものを書けばいい。

何か誤解しているのかもしれませんが、もしテーマが同じでも、

他の人が書いた文章とあなたの書いた文章は同じにはなりません。

もちろん丸々コピペしたりすると同じだし著作権的にもアウトです。しかし、

あなたがオリジナルで書いた文章であれば大丈夫。

「先に書かれたら自分のなんて読まれないんじゃないの?」

って思うかもしれませんが、少し考えてみてください。

好きなブロガーが書いた記事と、他のどうでもいい人が書いた記事があったとしたら、
あなたは間違いなく前者の記事を読むでしょう。

だってあなたが興味を持っているのは「好きな」ブロガーなんだから。

興味のない、どこの馬の骨ともしれない記事なんてそもそも眼中にないじゃないですか。

つまりあなたが考えるべきは、
いかに被らない記事を書くかじゃなくて、
いかに自分を好きになってもらえる文章を書くのか、ということなんです。

時間がないあなた

最後に、時間がないということに関してですが、これは実は理由ではありません。

あなたが単に記事を書くという作業をサボっているに過ぎないと僕は考えます。

単純に、あなたが無駄なことをしている可能性が高いってことです。

そんなあなたはこの記事を読んでください

ちょっと切り口は違いますが、きっとあなたの役に立つはずです。

習慣化が一番のポイント。

以上が文章が書けないという問題のパターンと、それに対する解決法です。

以前は僕もあなたと同じように、文章に関して真剣に悩んでいたことがありました。

僕の場合悩んでいたのは完璧主義でしたね。

「一記事あたり5000文字以上書くこと!」
「一つの記事で全部カバーしてやるぞ!」

って思って以前は2、3日かけて記事を書いていました。

でもいざ完成させたつもりになってその記事を公開してみると、
思ったより反応がなくて落ち込むことが非常に多かったんです。

それから意識を変えて、
毎日2時間という決まった時間で記事を書ききるようにしてから、
かなり気楽に書けるようになりました。

僕の考えでは、
文章を書くことにおいて重要なのはクオリティではなく継続力なんです。

繰り返す力、習慣化ってことですね。

まとめ

それでは今回のお話は以上です。

  • 完璧主義に陥っているのなら、完璧なんてできっこないということを理解し、
    クオリティが低くてもとにかく書ききること
  • 記事のネタがないことは幻想で、
    あなたがネタを自作することはいくらでもできる
  • 他の人が文章のテーマを先取りしていても、
    その人の文章ではなくあなたの文章を読みたい人がいるから気にしないで書けばいい
  • 時間がないというのは幻想で、
    時間をなくしている原因を突き止めて排除することが重要

ということについてお話させていただきました。

それでは、ありがとうございました!

Pocket


いつも応援ありがとうございます!

僕の記事がお役に立てた時は、是非ブログランキングボタンを押してくださいね。

クリックしてブログを応援する!