「決断するエネルギー」を最小限にして作業効率を最大化する方法

Pocket


こんにちは、つかさです。

今日はあなたのエネルギーを無駄なことに使わず、
本当に使うべき作業だけに捧げる方法について
お話ししたいと思います。

なぜほとんどの人がダラダラと時間を過ごしてしまい、
無意味にエネルギーを消費してしまうのか。

そしてそんな中であなたがいかにして、
本当にやるべき作業に集中すればいいのか?

これからこの記事でお話しする「ふたつの手法」。それらが

あなたの今までの「無駄」という寄生虫を握りつぶして、
本当に必要なことだけをできるようにしてくれるでしょう。

多くの人がやっている問題

多くの人がやっている、
エネルギーを無駄遣いしてしまう行為。それは、

今この瞬間にやるべき作業を、
その時その時ごとに毎回判断して決めているということです。

朝起きた時に、眠たくて気持ちのいい二度寝をするかどうか悩む。

出かける服を何にしようか、
2着も3着もクローゼットから服を出しながら悩む。

仕事が進まない、昼食の後眠い。

うたた寝したいけど仕事中だから眠ったらいけないと思って悩む。

そうして選択をしたり判断をあれこれ右に左に移し替えるということは、
そこに何らかのストレスを感じているということですよね。

スティーブ・ジョブズが毎日同じ服を着ているのは、
ファッションという選択の怪物のような存在に
自分のエネルギーを使ってしまわないためでもあったのです。

選択をできる限り少なくすることでエネルギーは温存できる

決めることを毎日の仕事の前にやっていると、
その決断をするたびにエネルギーを使ってしまいます。

決断にエネルギーを使わないことで、
今まで無駄に消費していたエネルギーを
本来の作業に使うことができるようになります。

ジョブスの服装から学べるように、
選択を減らすことで選択のためのエネルギーの消費を減らすことができるんです。

言ってみると非常に当たり前のことですが、
なかなかこれが難しい。

では、どうやってそれを実行すればいいでしょうか?

決断を省略する方法

具体的な決断の省略の方法を説明していきますね。

とは言っても方法はとてもシンプルで、

  • 選択肢を排除する
  • 作業内容を決めておく

というのがメインとなる手順です。

選択肢を排除する

まずは選択をすること自体をできなくしてしまいましょう。

選択しないように頑張るのではなく、
そもそも選択できない状態にすればいいんです。

例えば、ダイエットをしている人の家に
ポテチが置いてあったら大変な精神的エネルギーを使いますよね。

「うわあ、ポテチ食べたいいい、でもダイエット中だから…」

みたいに、心の中でひたすら格闘してしまいます。

そうではなくて、ダイエットをしているのなら、
家からそういった食べ物を消し去ってしまえばいい。

そうすれば少なくとも家にいる間は
お菓子のことは頭に浮かんでこなくなります。

このように選択肢という名の悩みのタネを排除する。

そうすることでまず判断するという作業をなくすことができます。

作業内容をあらかじめ決める

次に有効なのが、
これからやる作業をあらかじめ決めてしまうことです。

もう一度ダイエットの例えを使わせてもらうと、
筋トレをする時にいちいち何をするか考えていると、
それだけで脳に負担がかかってしまいます。

そのあとにさらに体に負担をかけるのは、
最初は特に難しいでしょう。そして最終的に、

「もう面倒くさいから明日にしよ…」

ってなっちゃうんですよね。

もちろん、この方法を明日も続けると、
結果は同じことになるのは目に見えています。そこで、

やることを先に決めてしまいましょう。

1日の始めに24時間でやることを考えたり、
1週間の始めで7日間の作業を内容を決めたりして、
その時になって判断するエネルギーを使わないで済むようにするんです。

ダイエットであれば朝の早い時に
「夕方の5時にスクワット30回、腕立て伏せ15回する!」

って決めておけば、その時間になったらあとはそれを実行すればいいですよね。

頭で判断して体を動かすというような
二重の負担をかけなくていい。

だからより作業がスムーズになる、ということです。

2種類の実践方法

今お話ししたのが基本的なエネルギー節約法。

その可能な限り節約した状態から
実際に作業を進めていく方法が二つあります。

スケジュール方式と、チェックリスト方式の二つです。

スケジュール方式

さっきの内容と少し被りますが、
何時何分にこれをやる、
というのを決めておけばいいんです。

細かい部分を時間単位で進めることができますから、
こっちが合う人はかなり効率的に作業を進めることができます。

以前の僕はこれを毎週7日間24時間分のスケジュールを
一番最初に決めて、ひたすらそれを実行していましたね。

チェックリスト方式(モグラ叩き)

ただ、最終的にスケジュール方式は僕には合わないことが分かりました。

少しでもオーバーすると、そこから全ての予定が狂ってしまっていたからです。

もしあなたも僕みたいにあまりに細かい方法が合わないと思うなら、
このチェックリスト方式をお勧めします。

方法としてはやることをチェックリスト形式にして、
一つ一つ潰していく、これだけです。

モグラ叩き、しらみつぶし方式とでもいいましょうか。

スケジュール方式だと流れ作業のように仕事を進めることができますが、
チェックリスト方式ではどんどんチェックが増えていくので
まるでゲームをやっているような感覚で作業していくことができますよ。

まとめ

今回のお話は以上です。

  • みんながエネルギーの無駄遣いをしているのは
    いつも多くの決断をしているから
  • 決断を減らし、やるべき作業をあらかじめ決めておくことで
    エネルギーの消費は最小限に抑えられる
  • 実行方式としては
    時間辺りで決めた作業をこなしていくスケジュール方式と、
    ゲーム感覚で作業をこなしていくチェックリスト方式の2つがある

これらのことについてお話しさせていただきました。

それでは、ありがとうございました!!