副業が禁止の会社でもアフィリエイトでバレる事態を避けて稼ぐ方法

Pocket


副業禁止としている会社は現在多くあると思いますが、
きっとあなたもそんな会社のルールに悩んでいるのではないでしょうか。

今回の記事ではそんな状態でどのようにして、
会社にアフィリエイト活動がバレるのを防ぐのか、
その方法についてお話しします。

※追記

2017年11月に政府が副業を容認する
流れになっていることが明らかになりました。

この件について別に記事を書きましたので、
まずはそちらをお読みいだだければと思います。

副業解禁は2017年度中か。アフィリエイト業界への影響と懸念点は?

まず初めに言っておきたいこと。

基本的に、アフィリエイトを含むネットビジネスは、
飲食店や深夜の作業員のようなリアルビジネス上での副業よりも
会社に知られる可能性は低いです。

リアルビジネスは動ける範囲が自分の通勤圏内でしかできず、
だからこそ会社の人にばったり会ったりしてバレてしまう可能性があります。

しかし、ネットビジネスでは基本的に顔などは出す必要はなく、
技術的なテクニックを駆使すればネットで公開している情報も
かなりの範囲で限り隠すことができるからです。

 「副業禁止」という制度に関して。

そしてこれは声を大にして言いたいですが、
副業を禁止している社員規則は憲法違反であり、
あなたの副業を制約する力は無いに等しいです。

まず最初に、こちらの引用をみてください。

裁判の判例で、副業禁止規定は、憲法違反であるため、その規定自体が無効であることを知っていますか?

憲法で、私たちは皆、職業選択の自由を保障されています。

その自由を侵害する副業禁止規定は、本来から無効であるとの司法判断です。

すでに、副業を理由にした解雇を無効とする、いくつもの判例があります。

勤務先に迷惑をかけていないのであれば、構わないというのが、司法の判断です。

「副業禁止規定は、実は、憲法違反。(司法判断)(その1前編)」より

この引用から言えることは、
あなたは副業をやるのに怖がる必要はないということです。

もちろんあなたがやっている副業の内容によりますが、
少なくとも商品を紹介してその利ざやを報酬として受け取るというアフィリエイトは、
会社に全く害を与えないですよね。

深夜のバイトをやりすぎて本来の仕事がままならなくなったり、
会社の機密情報を漏らしたりする可能性のある副業をやっていなければ問題ないんです。

とはいえまだまだ日本全体として
副業が受け入れられるような体制になっているとは、残念ですが言えません。

会社に知られないように副業をするのがベストです。

僕も可能な限り知られたくはないですしね。

なのでここからは特にアフィリエイトに関して、
会社に副業を知られないようにする方法についてお話ししていきます。

いかにしてあなたの副業はバレてしまうのか

まずはどうやってあなたの副業が会社に知られてしまうのかをまとめてみました。

掲載が必要な情報から個人情報がバレるパターン

アフィリエイト活動では特にブログやメルマガ上で、
「特定商取引法に基づく表記」を掲載する必要があります。

そしてここに名前と住所といった情報を記載しなければいけませんが、
ここには虚偽の情報をかいてはいけません。

その結果あなたの個人情報が掲載されたページが検索エンジンに登録されます。

同僚なんかがあなたの本名で検索をかけた場合に検索がヒットし、
あなたの本名と住所を掛け合わせてあなたがアフィリエイトをしていることが知られてしまうことが考えられます。

参考記事: ブログメルマガアフィリエイトの仕組み、メリットとデメリットとは?

 

墓穴を掘るパターン

リアルビジネスでは実際にバイトしているところに
偶然会社の人が来てバレてしまうというケースがあると思いますが、
これはそのケースに似ているかもしれません。

つまり自分が会社の人や知人にアフィリエイトをやっているというのを言って、
その結果として副業をやっているということが周りに知られてしまうパターンです。

知られてしまうというか、自分から積極的に言っているので、
これは完全に墓穴を掘ってしまっている感じですね(笑

SNSの拡散力というのは凄まじいもので、
ネガティブな情報はあっという間に広がります。

Facebook, ツイッターでももちろん言わないのが賢明でしょう。

税金の金額の増減でバレるパターン

副業で年に20万円以上を稼ぐと税務署に確定申告をする必要があります。

そして確定申告をした結果、あなたの住民税などの税金の徴収額が変わります。

基本的に税金は会社の給料からの天引きですから、
他の社員と比較してあなただけ税金が違う、
ということに経理担当などが目をつけて疑われてしまう。

と言ったことが考えられます。

考えられるパターンとしては、以上のようなものがありますね。

でも、僕はそこまでこれらのことを心配する必要はないと考えています。

次にその理由をお話ししますね。

あなたのアフィリエイト活動がバレにくい3つの理由

誰もあなたの個人情報なんて見ちゃいない

ここで一つ質問したいんですが、
あなたはこの記事を読むまでに誰か他のアフィリエイターの
個人情報を確認しようとしたことがあるでしょうか?

有名なアフィリエイターを含めて、その人はそもそもどこに住んでいて
どんな本名の人なのかを見ようとしたことはないと思います。

アフィリエイトに興味のあるあなたが調べていないんですから、
一般のアフィリエイトに興味のない人であれば
なおさら個人情報を見ることはありません。

誰もあなたのメディアを見てはいない

これ、卵が先か鶏が先か見たいな話に大抵の人が陥ってしまっていますが、
あなたがブログを立ち上げたとしても、
ある程度のアクセスと利益が出るまではあなたのブログを見る人はいません。

誰もあなたのブログにはまだ興味を持っていないし、
検索にもひっかからないくらいの弱いコンテンツだから。

幸か不幸かは一概には言えませんが(笑

そしてもし多くの人の目に付くようになったとしても、
上の理由に加えて後で話す対策を施せば、
確率論的に知り合いの目にあなたの情報が晒されることはかなり低くできるんです。

税金は対策をちゃんとすればバレない

これも後で説明しますが、正しいきちんと確定申告をすればいいです。

税金関係はあなたがやり方をまだ知らないだけで、
ちゃんとした手続きを踏んで対策を行うことで
ある意味どんなものよりも確実にあなたの副業を隠すことが可能です。

以上が僕が副業としてのアフィリエイトがバレにくいという考える理由です。

それでは本題の、知られてしまう確率を下げるための対策についてお話ししましょう。

副業を知られないための対策方法のまとめ

自分以外の人にアフィリエイトをしてもらう

書いている意味がわかるでしょうか。

つまりあなたがアフィリエイトをするとき、
ブログなどに掲載する個人情報の名前を
あなたの家族や知人の名義にしてアフィリエイト活動をするということです。

パッと聞くと抵抗があるかもしれませんが、
最初に話したのと同じ理由で、あなたが違法なことをやらない限り問題ありません。

もちろん、許可はちゃんととっておく必要があります。

その人の個人情報を勝手に使うことは違法ですから。

後、もし名義を借りるにしても作業はちゃんとあなたがやってくださいね(笑

いずれにせよ、これはかなり有効な方法です。

少なくとも直接あなたを特定できる情報をネット上で使わないようにするんですから。

あなた個人を前面に出すアフィリエイトをやらない

ただ上記の方法はプライベートな情報や、
日常の生活を話しながらだと場合によっては
その情報から身元が割れてしまうこともあるかもしれません。

その傾向が強いのは、あなたの個性を生かした
メルマガアフィリエイトやブログアフィリエイトといった方法です。

逆に、完全に商品自体にフォーカスしたブログアフィリエイトや、
ペラページを経由してもらうだけのPPCアフィリエイトであれば、
この可能性を下げることができます。

これらの商品特化型のブログアフィリエイトやPPCアフィリエイトならば、
基本的に公開しなければいけない情報は
「特定商取引法に基づく表記」のページだけ。

そしてこのページはさっき説明したように、
ほとんどすべての人はこのページを見ることはありません。

nofollowタグ

「でも、その特定なんとかってページは検索で引っかかる可能性があるんでしょ?」

ってツッコミが入るかもしれませんね。

確かに、googleやヤフーにこのページの情報を取得・インデックスされてしまうと
本名や住所から検索されてしまう可能性があります。

でも、実はこれは技術的なテクニックを使えば解消することができるんです。

それは、nofollowタグを使う、ということ。

技術的な話なのでまた別の記事で説明させてもらいますが、
あなたが作ったページを検索結果に表示させるかどうかは、
あなたが決めることができるんです。

基本的には検索エンジン側がどんどんページを読み込んでインデックスしていきます。

でも「nofollowタグ」というのをあなたのページに設置することで、
検索できないようにすることができるんです。

これによって検索によって、あなたの情報が表示されることはなくなります。

自分がアフィリエイトをやっているのを人に言わない

これはあなたの意思の問題ですね。

人間には承認欲求というものがあって、
自分が取り組んでいることを他人に言って認めてもらいたいものです。

ここを我慢することが必要なんです。

特に注意してもらいたいのが、会社関係の人には絶対に言わないこと。

少しでも情報を漏らすと、そこから一気に派生してしまうことがあります。

例えばまだ稼げていない状態で「アフィリエイト始めたんだよねー」っていうと
「ふーん」程度で流されるかもしれません。

しかし、「アフィリエイトで月10万稼いでるんだよねー」っていうと
「なんだこいつ、会社以外で金稼いでんのかよ」って目をつけられてしまいます。

その結果として上司に告げ口されたりなんかされて、
最悪の場合には退職せざるを得ないような状態に追い込まれることもあるでしょう。

生活を共にしている家族に関しては
理解してもらうために説明する必要はあるかもしれませんが、
それ以外の人に対しては情報を漏らさない方が間違いなくいいです。

住民税対策

これはあなたがアフィリエイトで年20万円以上稼いで、
確定申告が必要になった場合の話です。

先ほども説明しましたが、
確定申告を行うとあなたが納付しなければならない住民税の額が増加します。

そしてこれは会社の給料から差し引かれるために、
社内であなたの給料を管理している人間がそれに気づいてしまうということですね。

それならば、あなたの住民税の増加分を、
あなたの会社の給料からの差し引きに含めなければいいんです。

どうやるかというとあなたが確定申告書類をする際に、
「住民税に関する事項」の部分に
「自分で納付」というチェック項目があるのでそこにチェックをすればOKです。

こうすることで会社側には確定申告分の住民税が書き込まれることはありません
(この項目に関しては制度の変更等もあるので、
あなた自身で税務署等に確認してもらった方が確実です。)

アフィリエイトがバレない可能性はゼロにはできない

以上がアフィリエイトしていることを会社に知られないための
理由と対策方法についてお話させていだたきました。

ただ、ここまでのお話とは真逆なことを言うようで申し訳ないんですが、
バレる可能性をゼロにすることはできません。

それは情報発信ということをしている以上、
リスクとして考えておくべきだと思います。

そしてできる限り、その可能性が低い方法を選んで、
知られないための対策をすることが必須です。

今回は会社員としての立場にあるあなたが
アフィリエイトという副業をするときに会社にそれを知られてしまう原因、
そしてそうならないための対策をお話しさせてもらいました。

何かわからないことがあったら質問してくださいね。

追伸

冒頭でも書かせていただきましたが、
2017年11月に政府が副業を容認する
流れになっていることが明らかになりました。

この件について別に記事を書いたので、
次にこちらをお読みいだだければと思います。

副業解禁は2017年度中か。アフィリエイト業界への影響と懸念点は?

 

この記事を書いた人: つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの自己紹介記事はこちら

アフィリエイト&コピーライティングで
あなたが月収100万円を実現するための
具体的な方法を学べるメルマガはこちらをクリック