うつ病になって良かったことと悪かったことって?

Pocket


こんにちは、つかさです

今回は僕の昔の話と言っていいか今の話と言っていいかわかりませんが、
うつ病についてお話したいと思います。

テーマとしては、「うつ病になって良かったと思えたことと悪かったこと」。

「人生のレール」というやつを盛大に脱線した末に、
手に入れたものをお話します。

 

まず先に、悪かった方からお話させてください。

いいことを後にお話した方が、後味が良くなると思いますので(笑

うつ病になって悪かったこと

長い間作業ができない(ストレスに弱い)

僕の場合、病気になった最大の原因は睡眠をとることができなかったことです。

ストレスを睡眠によって解消することができますから、
それが今となっては必須なわけです。

故に、長い間作業をすることができません。

もちろん常識の範囲の残業ならできますが、
ベンチャーみたいな最高に面白そうだけど最高にサビ残の多い場所で働き、
自分を磨くといったようなことは不可能です。

職歴に響く

一般的な会社で働くのであれば、
特に入社までに病気のせいで苦労することになります。

うつ病それ自体が採用選考をする上でマイナスの要素として働いてしまうからです。

ファッションにはまっていた頃ショップの店員になろうと思い、
面接でうつ病のことを話したことがありましたが、
まあ普通に落とされてしまいましたね。

それだけが原因とは決していいませんが、
うつ病という過去の病歴が判断の一つの要素になったことは否めないでしょう。

 

以上がパッと思いつく、病気になってマイナスだったなと思うことですね。

まあこのあたりは普通に生きていると、ある程度支障が出てきます、
ここに関してはまあ致し方ないですかね。

では次に、よかったことをお話しましょう。

うつ病になって良かったこと

当たり前のことが幸せに感じる

自分で書いていてなんだか恥ずかしい気分になりますが、
当たり前のことがすごいことに感じることが多くなりました。

自分が寝たいと思うだけ寝られること、
美味しいご飯を食べられること、
後最近は空が青いことに感動したりしましたね(笑

自分と向き合う時間を持つことができた

これは人と会社によって違いがあると思いますが、
僕の場合会社が大企業だったこともあり、
2年間の休暇期間をもらうことができました。

いくばくかの傷病手当をもらいながらだったので、
病気以外のことに関しては困ることはほとんどありませんでした。

そしてその結果生まれたのが、自分と向き合う時間です。

「このままの生活でいいのか?」
「自分が本当にやりたいことはなんだろう?」
「そもそも自分って何者なんだっけ」

そんなとりとめもないことから人生における重大な事まで、
いろんなことを考えることができました。

みんな学校で勉強をしています。

みんな会社で仕事をしています。

今のあなたも例外ではないでしょう。

そうした生活をしていると、
案外自分のことが見えないままだったりするんですよね。

病気になる前の僕がそうでしたから。

価値観が変わった

これは先ほどの自分と向き合う時間ができたこととつながっていますが、
自分の中の価値観が変わりました。

「いい学校を卒業して大きな会社に入って、

子供を作って、家族を作って、暮らすことが幸せだ」

みたいな僕の中に神話のように君臨していた常識が覆ったんです。

そこからは全てが自由でした。

自分が何をしたいのかを自分自身でゼロから考えることができたし、
その夢を実現する方法は何かを模索できるようになりました。

少なくとも、会社で働くことが絶対的な正解ではないと気づくことができたのは
間違いなくよかったことですね。

普通とは違う生き方を選択できるようになった

そしてまた関連しますが、
人と違う生き方を選択できるようになりました。

まあさっき言ったような会社以外で夢を実現しようと考え始めたら
当然の結果ですよね。

会社勤めをしていると、
フリーターやアルバイトをしている人のことを

「正社員にもなれないやつ」

とある意味偏見を持って考えてしまう人が無きにしも非ずです。

もう僕はそんなことは思わないし、
そういう人たちが自分のやりたいことができているのなら素晴らしいと思います。

僕も彼ら彼女のように、
方法こそ違いますが自分の目標や夢みたいなものを実現するために、
本当に選択すべきことを選択できるようになりました。

 

レールから抜け出た人生

僕が一番よかったと感じるのは病気になったことで、
いわゆる「人生のレール」みたいなものから
抜け出た世界を知ることができたことですね。

アフィリエイトをやっているのも、
そのレールから外れたことの一つの結果です。

僕がアフィリエイトになるのは最初はマイナスからゼロの状態になりたいという気持ちからでした。

今はゼロからプラスの方向へ進みたいがために、アフィリエイトをやっています。

アフィリエイトで自由な生活を手に入れることで、
休養していた頃の自分と向き合う時間、
やりたいことをできるようになる時間と金銭、
要するに僕が「未来を自由に選択できる力」を手に入れられるからです。

 

もし今あなたが何か今の生活に悩んでいるのなら、
僕がお手伝いできることがあると思います。

質問フォームやメルマガを設けているので、
ぜひ利用・購読してみてくださいね。

それでは以上です。

ありがとうございました。

この記事を書いた人:つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの詳しいプロフィールはこちら

つかさが配信している無料メールマガジンとは?