結局マルチタスクとシングルタスクのどちらがいいの?っていう問題。

Pocket


こんにちは、つかさです。

アフィリエイトでも仕事でも、
シングルタスクとマルチタスクのどちらが効率的か」という
疑問があると思います。

今回はこの問題について考え、
最後により効率的な作業をするためのテクニックについて
お話したいと思います。

「結局マルチタスクとシングルタスクのどちらがいいの?っていう問題。」の続きを読む…

設定した目標を実現するには期限を設けることが重要だという話。

Pocket


「アフィリエイトで〇〇万円稼ぐ!」
そんな目標を立てたけど、
いつまでもそれを達成できない人がいます。

今回はあなたがそんなタイプの人にならないように、
目標設定に使える「法則」についてお話ししたいと思います。

この法則と理解して利用できるようになれば、
あなたが立てた目標は実現可能なものになりますよ。

「設定した目標を実現するには期限を設けることが重要だという話。」の続きを読む…

村上春樹の4時起き9時就寝の習慣から成功法則を考える

Pocket


こんにちは、つかさです。

今回は現代の小説家である村上春樹さんの
小説を書くときの習慣から、
「僕たちが何かを成し遂げるための方法」について考えてみたいと思います。

村上春樹さんとの出会い

最初に少しだけこの文を書くことになった
きっかけをお話しさせてください。

まず、恥ずかしながら僕は村上春樹さんの作品を
ほとんど読んだことがありませんでした。

外国の小説や哲学書ばかり読んでいて、
日本文学にあまり興味がなかったんです。

そんな中、ある本を手にとって読んでいたときに
村上春樹さんのことを意識することになりました。その本は、

『天才たちの日課:
クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々』

というタイトルの本です。

この本は世の中で天才と呼ばれている人の生活を調査して
どのような日々を過ごして小説や音楽などのアート、
その他学問などの分野において結果を出してきたのか、
ということをまとめたものです。

この本で取り上げられた天才たちの人数は161人(!)に昇ります。

この本を読んだきっかけは僕自身が
「より高い成功を手にするための習慣を身につけるために
参考にできるものはないかな」と考えていたためです。

そうしてページを読み進めているときに、
村上春樹さんについて書かれているところにたどり着きました。

目次を読んだときに目に入ってはいたんですが、
この本で唯一の日本人ということもあり、
一体どんな日常を送っているんだろう、
という興味を持ったんです。

4時起き9時就寝の生活の威力

ではその本に書いてあった、その実際の内容を次に引用しますね。

長編小説を書いているとき、村上は午前4時に起き、
五、六時間ぶっ通しで仕事する。

午後はランニングするか、水泳をするかして(両方するときもある)、
雑用を片づけ、本を読んで音楽をきき、九時に寝る。

「この日課を毎日、変えることなく繰り返します」
2004年の『パリス・レビュー』で村上はそう語っている。

「繰り返すこと自体が重要になってくるんです。

一瞬の催眠状態というか、自分に催眠術をかけて、
より深い精神状態にもっていく」
『天才たちの日課: クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々』
97ページより引用

4時に起きて5、6時間小説を書き続け、
運動して9時に寝る生活を続ける。

あなたはこれを読んでどう思ったでしょうか。

「さすが、村上春樹だからこんなことができるんだ!」
「やっぱ天才は違うね」

と思ったでしょうか。

僕の場合、彼の言葉を聞いて次のように考えました。

「そうか、こうすれば結果が出せるんだな」

と。

天才は「能力の天才」ではなく「習慣の天才」だ

どういうことか、分かりますか?

村上春樹さんを始めとする天才と呼ばれる人たちが
あのような結果を出している理由。

それを才能ではなくて「習慣の結果」だと僕は考えたということです。

天才になれるかどうかは生まれた時に決まっていると
考えてしまいがちですが、そうとは限りません。

むしろ本人がどのような生活をするか、
つまり毎日の習慣がどのようなものかで決まってくる、
ということがこの話から導き出すことができます。

僕自身は才能なんてこれっぽっちも持っていません。

しかし、彼の習慣を自分の生活に取り入れることで、
今までよりもより安定した作業ができるようになり、
大きな結果が出せると考えるようになったわけです。

いきなりこんなことを話すと突飛に聞こえるかもしれません。

しかし、その本質を考えると
これは自然なことだということが分かってもらえると思います。

習慣化で結果が積み上がっていく。

あなたは1万時間の法則というのをご存知でしょうか。

何かの分野についてスペシャリスト、プロと言われるまでに
練習や実践をするのにかける必要がある時間の合計が
1万時間だと言われている法則のことです。

この法則とこの村上春樹さんを考えると、
彼が天才と呼ばれる理由の1つに、
この毎日の習慣化された執筆の作業というのが
成功の要素の1つとしてあるんだと僕は考えています
習慣についての詳しい記事はこちらをご覧ください)。

習慣化によって毎日同じだけの時間を執筆に使う。

そうすることで安定的に執筆時間が積み上がり、
いつの間にか作品が出来上がっているという具合ですね。

もちろんこれだけが彼の作品が評価される理由でないことは重々承知しています。

それでも、彼がこの習慣を続けているからこそ、
今のような結果を出せているんだと僕は思います。

あなたも村上春樹のようになれる

少し挑戦的な見出しにしてしまいましたが、
あなたに達成したい目標がある場合、
彼のような「習慣化」がその助けになるはずです。

実際、僕はこの本を読んでから彼の生活を取り入れて、
4時起き9時就寝という生活を繰り返しています。

やってみると分かるんですが、
朝起きると本当に気持ちが良くて、
それでいて作業もはかどります。

平日仕事を終えた後にアフィリエイトの作業をしようとすると、
疲れてしまって全然集中力がないんですよね。

1日の終わりに作業をするよりも
朝起きて一番エネルギーがあるときに作業をする方が
圧倒的に作業が進むということを
この生活を始めてから実感しています。

早寝早起きだけがその手段ではありませんが、
結果を出すために有益なことを習慣化することは
彼のように結果を出すために役立つはずです
(彼のような作家になれると言っているわけではありません笑)。

まとめ

今回は以上です。

  • 村上春樹さんが今のような作品群を作ることができているのは
    朝4時に起きて執筆をしているから
  • 天才が天才である理由の1つは生まれつきの才能ではなく
    日々やっていることの結果だということ
  • あなたも彼のような習慣を取り入れることで
    より大きな結果を出せるようになる可能性が高まる

ということについてお話しさせていただきました。

習慣化の効果については次の記事もお勧めですよ。

 

ノームコアとは「ファッションにおける究極のライフハック」だ!

Pocket


こんにちは、つかさです。

今回はノームコア、というファッションにおける
一つのスタイルに関するお話をしたいと思います。とは言っても、

単なるファッションにおける話ではなくて、タイトルにあるように、
いかにノームコアという考え方が僕たちの人生を充実させてくれるか、
ということをライフハック的な考え方からお話します。

「ノームコアとは「ファッションにおける究極のライフハック」だ!」の続きを読む…

「決断するエネルギー」を最小限にして作業効率を最大化する方法

Pocket


こんにちは、つかさです。

今日はあなたのエネルギーを無駄なことに使わず、
本当に使うべき作業だけに捧げる方法について
お話ししたいと思います。

なぜほとんどの人がダラダラと時間を過ごしてしまい、
無意味にエネルギーを消費してしまうのか。

そしてそんな中であなたがいかにして、
本当にやるべき作業に集中すればいいのか?

これからこの記事でお話しする「ふたつの手法」。それらが

あなたの今までの「無駄」という寄生虫を握りつぶして、
本当に必要なことだけをできるようにしてくれるでしょう。

「「決断するエネルギー」を最小限にして作業効率を最大化する方法」の続きを読む…

茂木健一郎さんのタイムプレッシャーといきなりトップスピードについて

Pocket


こんにちは、つかさです。

今回は脳科学者である茂木健一郎さんがお話している、
「いきなりトップスピード」と「タイムプレッシャー」というテクニックをお話します。

僕の実体験を通した意見と一緒に。

もしあなたがアフィリエイトに限らず、
勉強や仕事においてなかなか作業が進まないのなら、
かなり価値のある情報になるはずです。

このテクニックを理解して使えるようになることで、
あなたは富士急のドドンパをも凌駕するくらいの加速度で
作業を始めることができるようになり、
コンピュータも驚くくらいの正確さで決められた時間内で
作業をコンプリートすることができるようになるでしょう。

「茂木健一郎さんのタイムプレッシャーといきなりトップスピードについて」の続きを読む…

「作業」を「習慣」に変えることは最高の目標達成法だ。

Pocket


こんにちは、つかさです。

今回は僕が考える、
行動の習慣化によって目標を達成する、
という手法についてお話ししたいと思います。

「継続は力なり」という言葉がありますが、
それは一体現実的にはどうやって可能なのか?

具体的な方法について、解説していきます。

「「作業」を「習慣」に変えることは最高の目標達成法だ。」の続きを読む…

あなたはもう、スタバでドヤ顔しながら作業している場合じゃない。

Pocket


こんにちは、つかさです。

今回はあなたがそのスタバや他のカフェで

パソコンで作業したり、勉強したりすることに関してのお話をさせてください。

カフェに行くことにつきまとう、
ある決定的に無駄なことについてお話したいと思います。

もしかするとあなたはこのことに気づかずに、
カフェに行くたびに1時間という途方もない時間を無駄にしているかもしれません。

「あなたはもう、スタバでドヤ顔しながら作業している場合じゃない。」の続きを読む…