アフィリエイトは睡眠時間を削れば簡単に稼ぐことができるのか?

Pocket


アフィリエイトで手に入る結果は
時間をかければかけるほど大きくなるということを
以前のアフィリエイトアンケートに関する記事でお話しさせていだだきました。

そうすると自然に浮かぶ考えとして、
「どうやって作業時間を増やせばいいだろう?」
という考えを持つかもしれません。

そしてその場合に一つの方法として
すぐに浮かんでくるものの一つが、
「睡眠時間を削る」ということではないでしょうか。

実際「アフィリエイト 睡眠時間」で検索すると
いくつかの記事が見つかったりしますね。

なので今回はこの、
「睡眠時間を削ってアフィリエイトをすること」について
考えてみたいと思います。

アフィリエイトで睡眠時間を削ると稼げるのか?

睡眠時間を削ってアフィリエイトで結果を出した人として
有名なのはやはりネトビジュさんでしょう。

彼は全盛期は毎日3時間程度の睡眠を
1年以上続けながらアフィリエイトの作業をして、
月収100万円以上の収入を得られるようになったそうです。

実際、睡眠時間を削ると恐ろしく作業時間が増えます。

今まで2時間しか作業できなかった状態だったとしたら、
睡眠時間を2時間ぶん削れば単純に時間は2倍になりますからね。

そして以前の話では毎日3時間を
アフィリエイトの作業に使っている場合
月収100万円を稼ぐことも難しくないということでした。

このように睡眠時間を削ればほぼ間違いなく、
結果が出る速度も稼げる金額も、
どんどん増えていくことが予想できます。

睡眠時間を削った時の体の負担はどうなるのか?

とは言え睡眠時間を減らした場合は
今お話したようなメリットだけではなくデメリットもあります。

分かりやすいものとしては「眠気」と「作業効率の低下」でしょう。

作業時間自体が増えれば当然ですが長い間作業ができます。

しかし睡眠時間が不足すれば眠気と戦うことになり、
作業時間は増えるがその分作業効率が落ちるという
トレードオフの状態に陥ります。

ある研究では睡眠時間が6時間以下の人は
本人が意識しないような
脳の活動が低下が計測されたりもしているようです。

眠気や作業効率に限ったことではありませんが、
睡眠時間を削ればその埋め合わせをどこかですることになります。

先ほどのネトビジュさんなら、
仕事中の昼休みに昼寝を休憩中に取るとかしていたようです。

今までの生活の中の何かを犠牲にしていると
考えた方がいいのかもしれません。

参考: 社会人がアフィリエイトの作業時間を作るには何かの犠牲が必要だ

睡眠時間の削減は必要か?

睡眠時間を削って作業するかどうかは
あなたのモチベーション次第という話になってきます。

「アフィリエイトの収入は多ければ多いほどいい」
「睡眠時間を削ってでもより多く、そして早く稼ぎたい」

とあなたが考えるなら、
睡眠時間の削減は有効な方法になるでしょう。

どちらを選ぶにせよただ一つ言えるのは、
絶対的な作業時間を増やして作業の絶対量をも増やせば、
確実に結果は出てくるということです。

僕個人としては短期的には
睡眠時間は減らしてもいいと思っています。

それはこれが自分の将来のための「投資」だと考えています。

僕自身はアフィリエイトを収入の土台として
生活を向上させるためにやっているものなので
作業時間を増やすことは投資と考えている、というわけです。

逆に睡眠時間を削らないで作業する方法はないの?

しかしながら睡眠時間を減らさないことに越したことはありません。

毎日眠い目をこすりながら作業を続けるのはできれば避けたいですし、
生活の幸福度としても比較的低くなってしまうでしょう。

では睡眠時間を削ることなく、
アフィリエイトで結果を出していく方法はないのでしょうか。

「睡眠時間以外は全て作業」のホリエモン方式

「寝ている時間以外を仕事に費やせば確実に結果が出る」
と言ったのはホリエモンだそうですが、
このホリエモン方式を採用するのが方法の一つでしょう。

つまりテレビを見ている時間やスマホをいじっている時間をなくし、
その分の時間をアフィリエイトの作業に使うことで
より多い作業時間を確保するという方法です。

人は意識しないでやっていることに対して
結構時間を使っていたりします。

そういった無駄な時間をアフィリエイトに使うことで
有効活用するというのは一つの手ですね。

時間を増やす代わりに作業の質を高める

今言ったホリエモン方式は
「起きている時間を全て作業に費やす」というものでしたが、
実際問題それが難しい場合もあるでしょう。

特に家族などがいる場合は
そもそも作業に使えない時間が絶対に出てきます。

その代わりに有効なのが、
作業を習慣化するということ。

これは要するに「よし、これから記事を書くぞ」というように
意識的に考えて作業を始めるのではなく、
無意識的に作業を始めてしまうように仕組んでしまうという方法です。

例えば歯磨きは何も考えなくても、
食事の後や寝る前にしますよね。

それは意識的に歯磨きをしようと考えているのではなくて、
無意識で歯磨きをする習慣が身に付いているからです。

この段階に自分を持っていくことができれば、
毎日同じ時間に作業を進めることができるようになります。

そしてある意味では「知らない間」に
コンテンツがどんどん積み上がっていき、
最終的に結果を出すことが可能になるわけです。

これはあの村上春樹さんもやっている方法なので
ぜひ参考にして見てくださいね。

参考: 村上春樹の4時起き9時就寝の習慣から成功法則を考える

アフィリエイトをツールで自動化する

最後に紹介する有効な方法としてはあなたが作業をしないで、
ツールに任せてしまうという方法があります。

例えばフェニックスというツールは
最初にいくつかの設定を行った後は
自動的にコンテンツをネット上から収集して記事にしてくれます。

つまりあなたが毎日作業をしなくても、
フェニックスがコンテンツを量産してくれるということです。

もしかするとツールを使うことには
抵抗があるかもしれません。

とは言えツールを使えば外注費をかける必要なく
あなたが作業から解放されることになりますから、
その利点はかなり大きいと言って間違いありませんね。

自動更新ツール「フェニックス」の詳細はこちらをクリック

 

この記事を書いた人: つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの自己紹介記事はこちら

アフィリエイト&コピーライティングで
あなたが月収100万円を実現するための
具体的な方法を学べるメルマガはこちらをクリック