現代広告の心理技術101(ドルー・エリック・ホイットマン)レビュー

Pocket


あなたはお金を稼ぎたいと思っていますよね?

でも、どんなにあなたがいいと思う長ったらしい文章を書いても、
どんなにコピーに長い時間をかけて頭を悩ませても、
あなたが稼げるのは月数千円の小銭だけですよね?

もう自分の時間だけを奪って何も生み出さないような
そんな文章を書くのを終わりにしたいと思うなら、
これから紹介する本を読みませんか?

その後あなたが半分の時間で書いた
半分の文字数のコピーを公開すれば、
あなたはGoogleアナリティクスのグラフの伸びと
翌月銀行口座に振り込まれる金額の桁を、
少なくとも三回は見返すことになるでしょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-20-17-25-22

ミリオンライティングととネットビジネス大百科だけでは飽き足らず。

ミリオンライティングとネットビジネス大百科。

これが僕が買ったコピーライティングに関する情報商材です。

でも、実はそれだけでは飽きたりませんでした。

というか、それだけではダメだという危機感を抱いて学習をしています。

コピーライティングを学ぶことは、収入の拡大に直結します。

しかし、コピーライティングに関する周辺知識も学ぶことで、他のアフィリエイター、さらにはコピーライターから抜きん出れると考えています。

だから、いろんな書籍を購入して学んでいます。

アリストテレスの「弁論術」から始まり、ソシュールの「一般言語学講義」、記号論などなど。

コピーライティングだけで収まることは、狭い領域でしかものを捉えることができないということです。

当然ですが、国語辞典も読みますよ。

僕は単語レベルで、書いた文章、フレーズ、そして単語が読者の頭の中に浮かべるイメージを考えた上で文章を書くことを意識しています。

ただ、こういった古典とか専門の学問は現代の広告に応用するには少し難易度が高い。

これをあなたに「これを読めばお金がたくさん稼げます」みたいなことを言って勧めるのは無責任ですよね。

もちろんあなたがそのレベルに行く方が望ましいですが、それはかなりの時間がかかります。

そこで今回はコピーライティングに関する紙の本を勧めさせてください。

それは、「現代広告の心理技術101」です。

「現代広告の心理技術101」とは?

何が学べるのか

書籍を開いてもらうと「はじめに」のセクションにこう書いてあります。

結論

広告の目的は人に行動させること。

「現代広告の心理技術101」p.15より引用

こう書いてある通り、人を行動させるための技術を学ぶことができます。

数でいうと、101個。

学べば学ぶほどあなたの書いた文章が変わっていきます。

書いたレターないし記事ページの滞在時間は数倍に伸び、
そこから購入ページへ移動して購入ボタンをクリックする人の割合が数%上がります。

しかも、あなたがその記事に費やした時間と記事の文字数は圧倒的に今までより
短く、少なくなっているにもかかわらず、です。

原著である「CA$HVERTISING」はamazon.comで200以上のレビューで、平均が星4.8とかなりの高評価です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-06-25-46

メリット

過剰なくらいの技術を学んで文章を書けば結果が変わる

まずは読んでみること。

その結果としてあなたが書く文章のスタイルや内容、使う技術はどんどん変化していきます。

文章を読んで、理解する。

そしてその後に、もしくは並行してあなたがあなたの言葉で書いた文章は、確実に人を行動を起こしてもらえる文章になっていきます。

絶対にダブらない知識を学べる

「こんな本大百科とかミリオンライティング勉強してればいらないでしょ?」

って思うかもしれません。

でも、101個の技術がその2つで全てカバーできるでしょうか?

できないんですよ。

逆も然りですが、あなたが他のコピーライティング教材を持っていたとしても、新しく学べることは少なくとも10個以上はありますね。

あなたが他の誰かの広告に振り回されることがなくなる

この本を学ぶとあなたにはどんどん広告の技術、人を行動させる技術がつくと今僕は言いました。

それは裏を返すと、あなたをターゲットとした広告に心を動かされ、行動させられることがなくなるってこと。

正確にいうと、広告に対する耐性ができるといえばいいでしょうか。

技術を駆使した広告に動かされて、無駄なお金を払うことがなくなります。

デメリット

文章が書けなければ話にならない

そもそも論ですが、コピーを書く力とか、文章を書く力がなければ役に立ちません。

行動させる文章書くためには、人に通じる文章が書けないといけませんよね。

綺麗な文章を書く必要はないですが、国語力みたいな基礎力がないのなら、まずその前提となる能力を身につけることが必要でしょう。

まとまりがない

技術が101個詰め込まれているが、それぞれが体系化されている訳ではありません。

読み方を間違えれば、まとまりのない本に感じてしまうでしょう。

でもそれは仕方のないことです。

だってこれは技術を詰め込んだ、いわばコピーライティングに関する「辞典」だから。

辞典にまとまりを持った物語のようなものを求める人はいないでしょう。

また、まとまりがないからこそ、あなた自身が実践して身につけることが必要です。

言い換えればこの本を読んだら早いところコピーを書きましょう、というだけの話です。

書籍にしては割高

書籍代は税抜3700円です。今、

「本が3700円かあ…」って思ったでしょ?

気持ちは分かります。

確かに単なる読み物としての、娯楽として買う本の値段が3700円もすれば、買うのをためらうでしょう。

でも考えてもらいたいんですが、この本は読んで楽しむための本じゃなくて、読んで金をより多く稼ぐための本です。

最低でも100万円稼がせてもらった

ここに載っている豊富な珠玉のテクニックは、まさに目から鱗でした。

こういったことが学べるだけで、コピーライティング能力は劇的にアップします。

何を隠そう、ここに載っている知恵を使って、私自身も最低100万円は稼がせていただきました。

つまり、費用対効果250倍っていう感じです。

この本、持っている方は、P219を読んでみてください。

これもテクニックのひとつにすぎませんが、これを毎日毎日考えるだけでも、一ヶ月後の自分のライティングスキルが次元を超越するほどレベルアップしていると思います!

「現代広告の心理技術101」公式ページ「現代広告心理技術101を試した方の声」より引用

対費用効果250倍。

この数字の意味が分かるのなら、あなたは買うかどうか考えるときに、値段のことなど一切気にしないでいいと理解できるはずです。

内容について

現代広告の心理技術101の構成は以下のようになっています。

目次

INTRODUCTION 顧客は買いたがっている!

CHAPTER 1 人々が本当に求めているもの

CHAPTER 2 相手の頭の中に入る方法 消費者心理の17の基本原則

原則1 恐怖という要素

原則2 自我の変形

原則3 転嫁

原則4 バンドワゴン効果

原則5 手段・目的連鎖

原則6 理論を超えたモデル

原則7 接種理論

原則8 信念のリランキング

原則9 精緻化見込みモデル

原則10 影響力の6つの武器

原則11 メッセージの構成

原則12 セルフ・デモンストレーション

原則13 二面性のあるメッセージ

原則14 反復と重複

原則15 修辞疑問文を使う

原則16 証拠

原則17 ヒューリスティックス

CHAPTER 3 買わずにいられなくなる秘密のテクニック 買わせるための41のテクニック

CHAPTER 4 ホットリスト レスポンスを急増させる101の簡単な方法

EPPILOGUE 広告のプロが最後に言いたいこと

大見出しでこの数です。

各章の中ではさらに細かい見出しがあり、それぞれに別々の技術が説明されています。

公式の販売ページにさらに細かな目次が掲載されているのでチェックしてみてください。

実際の中身ですが、具体例を交えながらそれぞれの技術を説明しているため、非常にわかりやすいです。

90日間完全返金保証

途中で価格を言いましたが、確かに比較的高いです。

でもこれを読めば対費用効果が250倍だから価格は問題にならない、と説明しました。

とはいえ本当にあなたの役に立たなかった時はどうすればいいのか?

そんな時のために、この本には90日間の返金保証がついています。

返金条件は、無条件です。

追伸。「この本は紹介したくありません」

とかいって紹介してるアフィリエイターがなんかたくさんいますけど、

だったら紹介するなよって話じゃないですか。

弱みを見せるのは共感を生むための一つのテクニックではあります。

しかし、僕がそれを読んで感じるのは、彼らがの能力の低さです。

読者の頭を混乱させた時点で、気持ちは離れます。

その時点で彼らはコピーライティングの一つの原則を破ってしまっているんですよ。

僕はそういうことは言いません。

むしろいろんな人がこの本を手にしてくれれば、とても楽しくなると思います。

つまらない商品を売り続けるために「紹介したくない」とか言って独占を試みるアフィリエイトなんかつまらないです。

コピーや文章に関して悩むところがあるのなら、間違いなく買うべき一冊です。

現代広告の心理技術101のレビューは以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました!

「現代広告の心理技術101」の購入はこちらをクリックしてください

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-20-17-25-22

この記事を書いた人:つかさ

アフィリエイトで月収6700円の時代を経験するも、
5億円コピーライターとの出会いと、
彼の直接指導コンサルで負け組アフィリエイターから脱却。

現在も師匠から教えを受けながら
コピーライティングスキルを紙が水を吸い取るかのように学び、
アフィリエイト活動に専念している。

つかさの詳しいプロフィールはこちら

つかさが配信している無料メールマガジンとは?